体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自動ブレーキ搭載の軽ハイトワゴンを今買うなら、現行型ムーヴが賢い選択

▲ダイハツ初のスペース系軽自動車として誕生したムーヴ。年齢性別を問わず多くの支持を集めています

▲ダイハツ初のスペース系軽自動車として誕生したムーヴ。年齢性別を問わず多くの支持を集めています

軽ハイトワゴン選びで迷っている方へ

軽ハイトワゴンとは、キャビンの高さが通常の軽自動車より高く、居住性と荷室容積に優れた“ちょっと大きい軽”のこと。軽トールワゴンと呼ぶこともあります。例えば、全高が高いスーパーハイトワゴンを軽のワゴン・バンとするならば、このハイトワゴンはミニバンといったイメージですね。

このカテゴリーは、近年の軽の主流となっているパッケージングであり、言うなれば“激戦区”。各メーカーが様々なモデルを打ち出しているため、正直「どれにしたらいいのか超迷っている」なんて方は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな中でも“自動ブレーキが付いてる車が欲しい”と思っている方にお届けしたい内容です。分りやすいように、ストレートに言いますね。

今買うなら『中古の現行型ムーヴ』が賢い選択です。

やっぱり自動ブレーキって魅力的

本題に入ります。これから先は「自動ブレーキ付きの軽ハイトワゴンが欲しい」方以外、読む必要はありません。

まず安全装備に関しては各メーカーで呼び名が違いますので、この記事では総じて「自動ブレーキ」と呼ばせてもらいますことをご承知おきください。この自動ブレーキとは、先行車や障害物との危険性が高まった際、車が自動で緊急ブレーキをかけ減速してくれる安全支援機能のこと。反応してくれる制限速度はあるものの、被害を軽減してくれたり、衝突を回避してくれたりします。

そんな自動ブレーキも『高級車にしか付いていない高価な未来の装備』といった時代から『車には付いているのが当たり前』のような時代になっており、最近ではついに軽にも装備されるまでに。まぁ、誰でも安全な方が嬉しいはずですから、需要が増え、搭載車種が増えるのは当たり前ではあります。

しかし当たり前と言えど先進技術。タダで付いてくるはずがありません。

ご存じのとおり、搭載されているモデルはその分価格が上がります。新車の元値が上がれば中古車も比例しますので、そもそもコストを押さえたい目的で買う人が多いはずの中古軽なのに、『自動ブレーキ』という条件を置くと、なかなかお値段が張るわけです。

でもせっかくなら安全な方が良い……。自分の命には代えられないし、お財布の紐を緩めるしかないのか……。

そんな悩みを抱えていた方に、今日は声を大にして言いたい! 「現行型ムーヴなら自動ブレーキ付きかつ低走行の物件を安く買えますよ」と。

▲歴代6代目となる現行型ダイハツ ムーヴ。フェイスはこんな感じ。見かけたことありませんか?

▲歴代6代目となる現行型ダイハツ ムーヴ。フェイスはこんな感じ。見かけたことありませんか?

なぜ今ムーヴなのか

さて、自信満々に言い切ってしまいましたが、これにはきちんと理由がありますのでご説明しますね。いったん、条件を整理しましょう。

・軽ハイトワゴン

・自動ブレーキ搭載車

今回は、この条件下で最善の選択として現行型ムーヴをご紹介します。

どうして最善なのか。シンプルにお伝えすると以下のような状況だからです。

①流通台数が多く、満足に選ぶことができる(かつ増加傾向にある)

②同条件の別モデルに比べ、物件のコスパが良い

まず、①流通台数が多く、満足に選ぶことができる(かつ増加傾向にある)についてですが、2016年9月6日現在、カーセンサーnetに掲載されている現行型ムーヴの自動ブレーキ搭載車は1506台。1500台以上存在していれば、カラーやオプションもなかなか満足に選べるでしょう。

また、今年8月から安定して増加傾向にあるため、今後はさらに豊富な状況になってくることが予想できます。……ただコレ、“飛び抜けて良い”というわけではないんですよね。というのも、他の代表的な現行型軽ハイトワゴンは下記のような状況(2016年9月6日現在・自動ブレーキ搭載車のみ対象)。

スズキ ハスラー:1828台

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。