ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【9/13日まで】玄米90%が配合された夢の健康パンケーキが渋谷のカフェに期間限定で発売!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、パンケーキはお好きですか?

好きだけどカロリーも心配ですし、体に負担がかかってしまうという健康面への懸念を感じずにはいられませんよね。

そんなパンケーキ好きの方に朗報!

「体に優しくシンプルな素材にこだわったパンケーキ」が渋谷のカフェで3日間限定で食べられるとの情報を得ました。

特に女性にとって嬉しい美容効果が満載の健康パンケーキとのこと、筆者も早速行って食べてきました。

「体に優しくシンプルな素材にこだわったパンケーキ」が食べられるのは、渋谷のマークシティから程近い場所にある創作イタリアン料理のお店「BEE HOUSE(ビーハウス)」。

9月11日〜13日期間限定で提供されるパンケーキメニューは「玄米パンケーキ ハニーモンテビアンコ」です。

そう!玄米を使用したパンケーキなのです。

驚くことに「小麦粉が一切入っていない」玄米粉90%以上が配合された生地で作ったパンケーキなのです。

残り10%はてんさい糖、ベーキングパウダーと重曹のみ使用した驚きの健康パンケーキが食べられるのです!

玄米は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で整腸作用効果もあるので、特に女性にはオススメです。

ただ、玄米と聞くとちょっと味や食感の面で食べにくいとイメージしがちですが、こちらは「超高水加圧玄米」を使用しているため、玄米特有の食感をなめらかにして美味しく食べられるよう工夫がなされています。

玄米パンケーキ ハニーモンテビアンコ(ドリンク付)1296円(税込)
※【販売期間】2016年9月11日(日) 〜 13日(火) 
      ランチタイム限定 11:30-15:00(ラストオーダー14:30)
      1日100食限定

こちらのパンケーキは、パンケーキの食べ歩きブロガーの「たっちゃんずパンケーキ部」が、シェフと長い間試行錯誤して完成させた特別なパンケーキ。

今まで食べたパンケーキは1000種類以上という「たっちゃんずパンケーキ部」が監修したものでしたら、とっても期待ができますね。

注文してから20分くらいしたらテーブルにパンケーキが運ばれてきました。

ここで店員さんが、パルメジャーノ・レッジャーノをたっぷりとかけてくださいます。

その光景は、まるでアルプス山脈のモンブランに雪が積もった光景を連想されます。

実は、メニュー名の「モンテビアンコ」は、イタリア語でアルプス山脈のモンブランという意味で、パルメジャーノ・レッジャーノは、モンブランの雪を表現しているそうです。

席でチーズの雪を降らせてくれるなんて幻想的ですよね♪

そして、まだまだこのパンケーキは完成ではありません

BEE HOUSE(ビーハウス)は、もともとのメニューに蜂蜜をかけ放題できるサービスを提供しているのですが、なんと今回のパンケーキにもテーブルに蜂蜜が一瓶用意されまして、かけ放題できるのです。

ここは、思いっきり好きなだけかけてしまいましょう♪

完成です!

やっとここで食べることができます。

トップの雪山の部分の生クリームの内側には、バニラアイスクリームが隠れているという嬉しいサプライズ♪

濃厚なチーズと蜂蜜のとろーんとした甘さが本当にベストマッチで、クセになるおいしさに驚きを隠せませんでした。

生地をナイフでカットしたら、ずっしりとした手応えがあります。

カットした部分から、一気に蒸気が勢いよく吹き上がってくるので、ここで驚かれる方が続出だと予想されます。

それもそのはず!生地はずっしりと密度の濃いもっちり食感で、かなり食べごたえあり♪

このパンケーキ生地は「玄米」で作られているので、とても栄養価が高いと考えると食べていても楽しいですよね。

蜂蜜がかけ放題ですので、最後まで飽きることなく食べることができます。

体にやさしい美容効果のある健康パンケーキが食べられるのは、9月13日(火)まで。期間限定ですのでこの機会をお見逃しのないよう、玄米パンケーキの美味しさを味わいに行ってみてくださいね。

『BEE HOUSE(ビーハウス)』

住所:東京都渋谷区道玄坂1-5-2 SEDEビルB1

営業時間 ランチ:11:30~15:00 (L.O.14:30)
     ディナー:金/土/祝前 17:00~翌4:00 (L.O.3:00)
          日~木/祝日 17:00~24:00 (L.O.23:00) 
定休日:無休

※写真全て筆者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: つくし家) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP