ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクウェア型ディスプレイを搭載したMotorolaスマートウォッチの写真が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スクウェア型ディスプレイを採用した Motorola スマートウォッチの試作機の写真が中国のマイクロブログサイト Weibo で流出しました。本体上には「Motorola Confidential Property」という文字と大きな M ロゴがあるので写真の端末は試作機です。試作機といえども実際の製品はほぼ写真の外観となるはずなので、Motorola の次のスマートウォッチはスクウェア型になると見られます。Motorola のスマートウォッチには Moto 360 があります。外観は過去に発売された MotoActv にも似ていますが、おそらく、イマドキのスマートウォッチとして開発されているのでしょう。Moto 360 はこれまで円型のディスプレイを採用しており、これが Moto 360 の特徴でした。近年、他社のスマートウォッチは円型化が進んでいるのでこの流れに逆らっているようにも思えてきます。問題はファームウェアが Android Wear なのかどうかという点です。端末の画面には Android Wear では目にしない UI が表示されており、Android Wear をと搭載していない可能性があります。Source : Weibo

■関連記事
NTTレゾナント、7,800円+税とかなり安いLTE対応Androidスマートフォン「g06」を発売
Samsung、Galaxy S7 edgeのデュアルSIM版に8月の月例アップデートを配信開始
TROOOZE、画面のタッチだけで遊べる簡単操作のAndroidゲーム「熱血ヤンキー サッカー部」リリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP