ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleのChromecast機能、拡張なしでChromeで利用できるように

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは29日、デスクトップ版Chromeで開いているタブや動画をChromecastデバイスにミラーリングするChromecast機能をChromeに統合したと発表した。

パソコンの動画やタブレットの写真を画面の大きなテレビで観る、といったことが最新バージョンでは拡張機能を使わずに利用できる。

・満を持しての脱ベータ版

2年前に始まったChromecast機能は、これまでChromeの拡張機能として提供され、今回の機能統合に先立ってはベータ版を展開してきた。

この間、転送できるデバイスとしてChromecast Audioをリリースしたり、メーカーと提携してChromecast対応機器を増やしたりしてきた。今回の機能統合でさらなる利用増を見込む。

・数回のクリックで画面転送!

すでにChromeを利用している人は、最新バージョンにアップデートすると、Chromecast機能を使える。

ページにCastのアイコンが表示されるようになるので、ユーザーは数回クリックするだけで動画やスライドショーといったコンテンツをChromecast機器に映し出すことができる。

Googleによると、Chromecastの利用は着実に増えており、過去には1カ月だけで利用が3800万回以上を数えたこともあったという。

デジタルコンテンツをシームレスに、そして快適に楽しむのが当たり前の時代になったようだ。

Google Blog

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP