体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スイーツ男子も心置きなく甘味三昧! 横浜「近藤蛸焼店」のたこ焼きがマジでイケる

f:id:naruse_e:20160829154509j:plain

パフェ、あんみつ、パンケーキと巷にあふれるスイーツの数々。行列に並んででも食べたいほどスイーツを愛してやまないのは、なにも女性に限ったことではない。しかし、女性客が大半を占める店内で男ひとり舌鼓を打つのには、抵抗がある男性も少なくないはず。

喉から手が出るほど食べたいけれど入店する勇気が持てず、泣く泣くコンビニスイーツをぶら下げて帰宅する……なんてこともあるだろう。そんな花も恥じらうスイーツ男子でも堂々と甘味を堪能できるお店をご紹介しよう。

職人のこだわりが生んだ絶品たこ焼き

各線横浜駅、きた西口を出て徒歩1分ほどにある「近藤蛸焼店」は、5人ほどが並べるL字型カウンターと6つのテーブルがあるスタンディングスタイルのたこ焼き専門店。

f:id:naruse_e:20160829153858j:plain

▲もちろんテイクアウトもOK

さかのぼること1年前。近藤さんという方が20年にわたり営んできたたこ焼き店を引退することに。味に惚れ込み10年以上足繁く通い続けていた現オーナーが「この味を守り抜きたい!」と味を引き継ぎ、敬意を込めて「近藤蛸焼店」と名付け、この地にオープンさせたのは今年の3月。

f:id:naruse_e:20160829153928j:plain

▲幻のたこ焼きを生みだすコンロ

「もっともおいしいものを味わってもらうために」とたこ焼きに全身全霊をかけた近藤さんは、食材やサイズ、火力など細部にまでこだわって独自のたこ焼きを開発。そのすべてを継承すべく、鉄板とコンロもミリ単位で再現したそうだ。「火力が違うだけでも同じ味を再現するのは難しいんです」と、店長は語る。

f:id:naruse_e:20160829154031j:plain

▲周囲にいい香りが漂いはじめます

胃に優しい希少な米油がたっぷり敷かれた鉄板に流し込まれるのは、京都の老舗メーカーから取り寄せている近藤さんオリジナルブレンド粉の生地。投入される大粒のたこは、水揚げ後ボイル加工をせずに生のまま冷凍し、いちばんプリプリ感を味わえる状態で提供できるようボイル時間を調整することで食感を保っているとのこと。生地の分量やたこのサイズから仕上がりの大きさに至るまで、食べ応えや食感などすべてが計算しつくされているという。

f:id:naruse_e:20160829154202j:plain

▲これぞプロの技!

すぐ食べたいお客さん用に作り置きも用意しているが、基本は注文後に焼き始めるため、いつでも出来たてアツアツを味わえる。華麗な職人技でみるみる形成されていくたこ焼きをガラス越しに眺めていると、10分程度の待ち時間もあっという間。これまた近藤さんオリジナルブレンドのソースをたっぷりかけたら完成だ。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会