体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

できることから始めよう! 子どもと一緒にできる「プチ防災」7選

できることから始めよう! 子どもと一緒にできる「プチ防災」7選

9月1日は防災の日。とはいえ、会社や学校での防災訓練でもなければ、特にいつもと変わらない一日を過ごす人がほとんどでは? 防災とは日ごろの備え。ほんの少しの時間でもいいので、防災について考える時間を取りたいものだ。そこで今回は、防災の日に家族でやってみたい「プチ防災」ネタを7つ紹介してみよう。何か一つでも、子どもと一緒にやってみてはいかが?●プチ防災7

(1)「地震だ!」ゲーム

(2)家族の集合場所クイズ

(3)災害伝言ダイヤル「171」を使ってみる

(4)非常時携行品・備蓄品のチェック

(5)防災グッズの稼働チェック

(6)非常食を食べてしまう

(7)停電体験

(1)自宅内避難訓練…「地震だ!」その時どうする?ゲーム

地震などの災害が起こったとき怪我をする人の多くは、自宅内で倒れた家具や割れた窓ガラスが原因だといわれている。災害時に怪我をしないためには、家具などの耐震対策はもちろん、いざというとき、身を守る方法を知っておくことが大切だ。「地震だ!」というその瞬間にどう動けばいいのか、家族みんなで行動してみよう。

倒れそうな家具や落ちそうな照明のないところに移動する、割れそうな窓から離れる、崩れるかもしれない擁壁側の部屋を離れる…など、それぞれが自分の「安全ゾーン」を確認しよう。余裕があればドアを開けるなどして、避難ルートの確保を。もしすぐに移動できない場合は、家が崩れるなどしても隙間ができやすい、背の低い家具の横やベッドの脇で丸くなるなど、一時的な身の守り方も確認しよう。それでも身を守れないようなら、家具の配置や耐震対策などについて、改めて見直す機会をつくってみては?

(2)覚えてるかな? 家族の避難・集合場所確認クイズ

災害が起こったとき、家族が全員一緒にいるとは限らない。毎日の生活を考えれば、会社や学校など、むしろ家族がバラバラの場所にいる可能性が高い。いつどこで災害が起こっても、全員が身の安全を確保し、再会できるようにするためには、まず一時的にどこに逃げるか、そして災害が少し落ち着いたときどこに集まるかを確認しておく必要がある。

学校にいるとき最初に避難するのはどこ? 大雨で川があふれるかもしれないときはどこに逃げる? 大きな地震が来て津波が心配なときは? など、クイズ感覚でもいいので、状況を一緒に考えながら、家族それぞれの避難場所をもう一度しっかり確認しよう。安全に移動できるようになったら近所の小学校に集合、など、最終的な避難場所の確認もお忘れなく。

(3)災害時伝言ダイヤル「171」を使ってみよう

NTTが提供している災害時伝言ダイヤルは、毎月1日と15日に体験利用が可能だ。普段電話になれていない子どもたちには使いにくい場合もあるので、この機会に試してみては?

実際に利用するには、「171」の番号のほか、家族共通の電話番号入力なども必要。子どもたちがスムーズに利用できるよう、家の電話、パパの携帯など、利用時にどの電話番号を使うのかも事前に確認したうえで、伝言の録音・確認をやってみておくとよいだろう。

また、子どもたちには電話番号も含め、利用方法を書いたメモを準備。普段からランドセルのチャック付きポケットなどに入れておくとよさそうだ。

(4)非常時携行品・備蓄品の過不足・賞味期限チェック

東日本大震災の後、非常時の持ち出し袋や備蓄品をそろえたという人は少なくないだろう。しかし、その後、実はずっとしまい込んだまま、という人も案外多いのでは? 5年も経てば家族構成も変わって、必要なものの種類や数も変わっているかも。一年に一度くらいは、中身を確認しておきたいものだ。

例えば赤ちゃんが生まれたなら紙おむつや粉ミルクが必要。最近になって毎日薬を飲むようになった人がいれば、その薬も少し多めに準備しておきたい。単身赴任や進学で家族が減ったなら、持ち出す人の体力を考えて、逆に携行品を減らしたほうが良い場合もあるだろう。さらに、そろそろ非常食の賞味期限が近づいているようなケースもあるので、備蓄品も一度全部引っ張り出して、表示を確認しておこう。

(5)懐中電灯やラジオは動く? 防災グッズの稼働チェック

災害に備えて準備していたのに、蓄電池の劣化で手回しラジオが使えなくなっていた、ビニール製のカッパがくっついて使えなかった、ガラケー時代に買ったのでスマホ対応の充電用ケーブルがなかった、というようなことでは困る。虫干しついでに、防災グッズの稼働チェックをしてみるのはどうだろう?

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。