体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“悪臭ゾンビ”がはびこる世界を描くホラーラブコメ漫画 ストレス過多の現代社会……これが身近に潜む恐怖か![PR]

3

胸キュンシチュエーションを描き、乙女心を掴む漫画家の佐木郁先生が、『薬用リステリン(R)』のオリジナル漫画を公開。『薬用リステリン(R)』って、あの薬用マウスウォッシュの『薬用リステリン(R)』です。まぁ、口臭、歯垢の沈着や歯肉炎の予防に役立つ薬用マウスウォッシュなら、恋愛と関係していても何も不思議じゃないし、胸キュンにつながりそうな身近なシチュエーションがいろいろ思いつきますよね。

なのに、今回のオリジナル漫画のテーマは“恋愛コメディ×ゾンビホラー”。……全然身近じゃない!! なんで? もっと活用できる場面はきっとあるよね? ゾンビっていきなり日常からかけ離れちゃったよ!

1 2

物語の主人公は、ストレス社会で働くサラリーマンの亮。いきなり物語冒頭から、ガスマスクのようなものをつけた謎の黒エージェントたちに追われています。どこの世界でも“黒ずくめの組織”は怖い。

3

亮が追われている理由は、どうやら想いを寄せていた幹子に告白したため。幹子の肩をつかみ、緊張からか「はぁ、はぁ」と息を荒げて気持ちを伝えたら、目の前の幹子が気を失ってしまった! そこを黒エージェントたちに目撃され、追われるハメになった模様。

なんて胸が締め付けられる理由! 一生懸命働いていたら、ストレスからくる口臭などの悩みを抱えてしまって、好きな人に気絶されるなんて……。不憫。でも現代社会でも実は多そうな問題です。

4

そして、黒エージェントたちから逃げ、絶望する亮の前にまるで救世主のように輝きを放ちながら現れるのが『薬用リステリン(R)』。

5

適量を口に含み、「クチュクチュ」と口をすすぐ亮。すると、「なんだか……とてつもなく 爽やかだ……!」。サラッと髪の毛をかきあげ、爽やかイケメンに変身。口臭どころか顔も変わってるよ!

6

実は黒エージェントたちが追っていたのは、ストレスや口の中の不衛生が原因で大量発生した“悪臭ゾンビ”たち。亮も、あと1歩『薬用リステリン(R)』に出会うのが遅ければ、“悪臭ゾンビ”として捕まるところでした。でも幹子を気絶させる時点でかなり末期だったと思うのですが、そこからゾンビ化を阻止して改善させた『薬用リステリン(R)』、すげえ!

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。