体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホテル仕様のメニューが食べ放題! 航空会社ラウンジの実態は? 香港ビジネスクラスラウンジが凄かった<キャセイパシフィック航空編>

29

空港で搭乗までの待ち時間を快適に過ごせるラウンジ。でも特定のクレジットカードを持っていると利用できるラウンジと、航空会社のラウンジは別物……なんてウワサも耳にします。航空会社のラウンジってどれだけすごいの!? 国際線では基本的にビジネスクラス以上だと利用できる少し贅沢な特権です。

一般庶民としてラウンジ事情が気になる! ということで、今回は香港を拠点に世界51か国・地域約200都市にネットワークを広げるグローバル・エアライン“キャセイパシフィック航空”さんに協力していただき、ラウンジに潜入。

羽田空港&香港国際空港のラウンジで、味わえる人気オリジナルフードメニューやくつろぎの空間を体験してきました!

FLE_7ER_C058Y15_E0


【キャセイパシフィック航空とは?】

キャセイパシフィック航空は、香港を拠点にアジア、北米、オーストラリア、ヨーロッパ、アフリカ方面の約200都市にフライトを運航。香港へは日本の7都市8空港から毎日20便以上運航しています。英国スカイトラックス社による「ワールド・エアライン・アワード」において「エアライン・オブ・ザ・イヤー」賞を最多受賞記録となる過去通算4回受賞。2016年度は「ワールド・エアライン・アワード」において、キャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジが「ワールド・ベスト・ファーストクラスラウンジ」賞を獲得し、国際的に高い評価を得ているエアライン。

ビジネスクラスの利用ってお高いイメージですが……

今年4月から販売を開始した、航空券と宿泊を組み合わせて購入できる“ダイナミックパッケージ”なら、フライトやホテルの空き状況に応じてリアルタイムに旅行代金が変動し、その時点で一番お得なツアーが買えるので、キャセイパシフィック航空ウェブサイトをチェックしてみましょう! 空席状況によっては、成田-香港間のビジネスクラス利用に、2泊のホテル宿泊を付けて10万円以下から利用可能!
※旅行の企画・実施はキャセイホリデージャパン(株)

まずは羽田空港のラウンジから

羽田空港国際線ターミナルのキャセイパシフィック・ラウンジは、2014年12月に開設。

7 CX_Haneda_lounge_3

シンプルで現代的なデザインは、ロンドンを拠点に活躍するイルゼ・クロフォード氏率いるスタジオイルゼが手がけたもの。ローテーブルが配置された落ち着きある空間は、家のリビングルームをイメージしているのだそう。出発前にくつろぐことのできる最高の空間です。

個人的には窓の外を眺めるように配置された、香港国際空港のラウンジにもある包み込まれるようなソロチェアーがオススメ。足元にはコンセント付き。モバイル端末の充電やPC作業もできます。

2

バーではアルコール飲料はもちろん、ノンアルコール飲料も充実。食事も好きなだけ楽しめます。

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy