ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米コーニング、ウェアラブルデバイス向け「Gorilla Glass SR+」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ガラス加工の専門業者である米コーニングがウェアラブルデバイス向けの強化ガラスパネル「Gorilla Glass SR+」を発表しました。Gorilla Glass SR+ はスマートウォッチなどの小型デバイスで使用されるために設計されたゴリラガラスの派生モデルで、既存の高級な時計用カバーよりも耐久性と透過性が良いとされています。比較対象はおそらくサファイヤガラスを指していると見られます。コーニングは Gorilla Glass SR+ では外部からの衝撃におけるキズへの耐久性が競合製品よりも 70% 高く、また、反射率も 25% 減少し視認性が良いとしています。Gorilla Glass SR+ は現在出荷中なので、今後発売されるスマートウォッチを始めとしたウェアラブうデバイスで続々と採用されると見られます。Source : コーニング

■関連記事
2016年Q2の国内スマートフォン出荷シェア、Appleはほぼ半数の49.4%
LG、V20でセカンドディスプレイの搭載を認める、「In Apps」と呼ばれるGoogle検索機能のショートカットアプリも搭載
Galaxy Folder 2の実機写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP