ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のアーティスト「とんだ林蘭」の名付け親は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの月曜―木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。8月29日(月)のオンエアには、アーティストのとんだ林蘭さんが登場しました!

とんだ林さんは1987年生まれ。木村カエラ、東京スカパラダイスオーケストラなどのミュージシャンや、MIHARAYASUHIROなどのファッションブランドへも作品提供を行うほか、自身のインスタグラムにはほぼ毎日、オリジナルのアート作品を発表しています。

まず気になるのがその変わったお名前。名付け親はなんと、あの方だそうです。

とんだ林:レキシの池ちゃん(池田貴史)につけてもらった名前なんですけど、意味は分からないんです。

坂倉:そうなんですか(笑)。

とんだ林:最初、ペンネームを考えてくれたけど、それが普通の名前だったから、嫌だったんです。「あまり気に入らない」っていう話をしたら、後日「とんだ林蘭」って考えてくれて。「それ、良いな」と思いました。

坂倉:すぐに反応はありました?

とんだ林:直後は反応はなくて。ただ、「変な名前」って言われました。今でも自分の名前が載ってると今も笑ってしまいます。「なんで、この名前なんだろう」って(笑)。

そんなとんだ林さんがアートの世界の入ろうと思ったのは「ヒマだったから」。転職した後で、時間があったので絵を描いていたそうです。何かやりたいと思っていた時に、知り合いに「イラストレーターになったら?」と提案されて、25歳でアートの道に入ります。

坂倉:もともとアートは好きだったんですか?

とんだ林:普通ですねぇ。ただ、絵は小さい頃からよく描いていました。漫画を読むのが好きで「ちびまる子ちゃん」は一時期、セリフを全て言えるくらい読んでました。

そんなとんだ林さんのインスタグラムにはシュールなアート作品も多く、ひょっとすると「ちびまる子ちゃん」の影響を受けているのかもしれないという話になりました。

「シュールなのは好きですね」というとんだ林さんの楽しいお話は8月30日のオンエアに続きます。

また、とんだ林蘭さんの約1年ぶりとなる個展「ザ・フリーク・ショウ」が、中目黒のVOILLDで9月2日(金)から25日(日)まで開催されます。こちらにもぜひ遊びに来てくださいね♪

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP