ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Redmi Note 3が2016年Q2のインドにおける出荷台数の半数を占める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016 年 Q2 の 3 ヶ月間にインドで販売された Xiaomi スマートフォンのうち、ほぼ半数の 88 万台が Redmi Note 3 だったそうです。インドでは Mi 5 や Redmi 3 を始め、様々な Xiaomi スマートフォンが販売されています。Q2 全体の販売台数が 175 万台だったので、50.2% が Redmi Note 3 だったことになります。全体の販売台数は中国での人気ぶりを見ると少ないようにも思えますが、インドにおける四半期ベースの販売台数としては過去最高だと言われています。Redmi Note 3 が他の機種よりも人気の理由は他の Redmi モデルよりもさらにコストパフォーマンスが良いからだと思います。Redmi Note 3 は(ディスプレイサイズを除けば) Xperia X とほぼ同等のスペックを備えていますが、価格は Xperia X の半分以下なのです。4,000mAh というかなり大きなバッテリーを搭載していることも人気の理由かと思います。Source : Reddit

■関連記事
Acer、8月31日にIFA 2016のプレスカンファレンスを開催、当日はライブ配信を実施予定
Gear S2 / Gear Fit 2がiOSに対応へ、明日よりベータテストが実施
KDDI、アンケート回答やチェックインなどのミッションをクリアするとWALLETポイントを付与するアプリ「au まちモニ」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP