体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これが浜松の地ソース! 主役の味を最大限に引き立てる「トリイソース」が素晴らしすぎる

これが浜松の地ソース! 主役の味を最大限に引き立てる「トリイソース」が素晴らしすぎる f:id:uralatokyo:20151202155931j:plain

皆さん、「ソース」は何を使っていますか?

この答えで出身地が分かるほど、ソースもご当地色の強い食材のひとつ。

東京では「ブルドッグ」派が圧倒的多数でしたが、愛知のスーパーでは「コーミ」が棚を占拠し、西にいくと「オタフク」がシェアを拡大しつつも、各地でさまざまなソースが出現。特に西日本では料理に合わせて使い分けるほど、ソースへのこだわりが強くなります。関西人がいるわが家でも、お好み焼きやたこ焼きには「オタフク」と決まっています。決められました。

ではこちら、静岡県西部のスーパーの棚をご覧ください。

f:id:uralatokyo:20151202160048j:plain

大手メーカーのソースよりも目につく位置に陳列された小槌マークの小瓶。

浜松の地ソース「トリイソース」です。

最近は雑誌でもたびたび紹介されていますが、この「トリイソース」は浜松だけではなく、是非全国の皆さんに知ってほしい。醤油派にもポン酢派にも知ってほしい。

「日本人の知るべき手作りソース」なのです。

主役の味を最大限に引き立てる名脇役

f:id:uralatokyo:20151202160325j:plain

味についてレポートしたいのは、定番商品の「ウスターソース」「中濃ソース」「野菜とくだもの完熟ソース」、そして近年話題の「オムライスをおいしくするソース」「カレーがからくおいしくなるスパイス」の5種類。

まずは看板商品の「ウスターソース」。

スーパーで購入したごく普通のアジフライにつけます。

f:id:uralatokyo:20151202160455j:plain

……こ、こここ、これは!

一言でいえば「まろやか」

一般的なウスターソースは塩気や酸味が強くて味も濃いですが、トリイのウスターソースはお酢や塩気にツンツンとした角がなく、口当たりが穏やか。ソース自体が主張しすぎず、アジフライ本来の味がしっかりと感じられます。

そしてもう一つ大きな特徴は「和」

今までのソースからは感じたことのない、あの懐かしくて日本人に馴染み深い風味…… 。そう、だしの気配を感じます。舌の奥で感じる上品なだしの風味とうま味。ソースでありながら洋風に寄り過ぎない、まるで「ソースと醤油の中間に位置するような調味料」なのです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。