体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「接続詞」を断捨離すると、文章がグンと読みやすくなる!?

f:id:k_kushida:20160818154919j:plain

■接続詞に秘められた危険とは?

文と文をつなぐ接着剤の役割を担う「接続詞」は、論理的な文章を書くうえで極めて重要なパーツです。ところが、無計画に使うと“イタい文章”になりかねない、ちょっぴり危険な言葉でもあります。

本記事では、接続詞の種類を改めて確認すると同時に、読みやすさアップに一役買う「接続詞の賢い使い方」をお伝えします。

■そもそも接続詞にはどんな種類があるの?

まずは、接続詞を種類別に分けてみましょう。大きく以下の11種類に分けられます。

1.順接:原因・理由を示す内容が前にあり、結果があとにくる

【おもな順接の接続詞】

だから/したがって/よって/ゆえに/それゆえに/それで/そのため/そこで/すると/だとすると

例:彼は一所懸命に勉強した。だから、司法試験に合格した。

2.逆接:前の内容と反対となる内容があとにくる

【おもな逆接の接続詞】

しかし/しかしながら/だが/だけど/だけども/でも/それでも/ところが/とはいえ/けれど/けれども/なのに/それなのに/ですが/とはいうものの/にもかかわらず

例:彼は一所懸命に勉強した。しかし、司法試験に落ちた。

3.添加:前の内容にほかの内容を付け加える

【おもな添加の接続詞】

しかも/そのうえ/それに/加えて/そして/それから/そればかりか/それどころか/おまけに

例:彼は一所懸命に勉強した。そのうえ、バイトも頑張った。

4.並列:前の内容とあとの内容が並ぶような関係になる

【おもな並列の接続詞】

また/ならびに/および/かつ

例:彼女は妻であり、また、母でもある。

5.対比:前の内容とあとの内容が対比関係にある

【おもな対比の接続詞】

一方/他方/逆に/それに対して/反対に/反面/むしろ

例:化学の授業は楽しい。一方、物理の授業は退屈だ。

6.選択:前の内容とあとの内容が選択関係にある

【おもな選択の接続詞】

あるいは/それとも/または/もしくは/ないしは

例:今の仕事を続けるか。あるいは、思い切って転職するか。

7.言換:前の内容を言い換えて書く

【おもな言換の接続詞】

すなわち/つまり/要するに/言い換えると/言ってみれば/いわば

例:彼は泳げない。つまり、カナヅチだ。

8.説明:前の内容についての説明を書く

【おもな説明の接続詞】

なぜなら/というのは

例:彼は大学に合格した。なぜなら、一所懸命に勉強したからだ。

9.補足:前の内容に付け足す

【おもな補足の接続詞】

ただし/もっとも/ちなみに/なお

例:入場料は5000円です。ただし、メンバーに限り無料でご入場いただけます。

10.例示:前の内容についての例を示す

【おもな例示の接続詞】

たとえば

例:南国にはおいしい果物がたくさんあります。たとえば、マンゴー、パパイヤ、バナナなどです。

11.転換:話題を変える

【おもな転換の接続詞】

ところで/さて/ときに/次に/ともあれ/では/それでは/それはさておき/それはそうと/それにしても/そういえば

例:ところで、今日の授業はどうしようか。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。