体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Aimer 多数アーティストが楽曲提供した新アルバム『daydream』発売決定

Aimer 多数アーティストが楽曲提供した新アルバム『daydream』発売決定

 2か月連続で、Taka(ONE OK ROCK)、TK(凛として時雨)、野田洋次郎(RADWIMPS)らが楽曲提供・プロデュースを手掛けたシングルをリリースしてきたAimerが、前述のアーティストに加え、内澤崇仁(androp)、スキマスイッチなど豪華アーティスト陣が参加するニューアルバムをリリースすることが決定した。

 Aimerは、8月18日に、『蝶々結び』のリリースを記念したスタジオライブ生中継をLINE LIVEにて実施し、同ライブ内にて9月21日にニューアルバム『daydream』をリリースすることを発表。同作には、「蝶々結び」「insane dream」「us」「ninelie」といった、これまでの各アーティストとのコラボ楽曲が収録されるほか、内澤崇仁(androp)、スキマスイッチ、阿部真央と、Aimerが敬愛してやまないアーティスト達も参加することが決定した。さらに、Takaは今作のために4曲を追加楽曲提供、TKも新たに1曲を楽曲提供しており、バリエーションに富んだ全13曲が収録される。

 なお、以上の情報解禁にあわせて、『daydream』全収録曲の試聴ダイジェスト映像が“Aimer Official YouTube Channel”にて公開されており、8月19日からはTaka楽曲提供によるアルバム新録曲「Falling Alone」もiTunes他にて先行配信がスタートする。また、Aimerは、8月19日放送のテレビ朝日『MUSIC STATION』にて初の地上波音楽番組への出演も果たす。

◎参加アーティストコメント
Taka(ONE OK ROCK):
彼女の声を初めて聞いて感動したあの日からこの楽曲提供にいたるまでの間、2人で何度も試行錯誤して話し合い、セッションをして一緒に作り上げました。このレコーディング中、彼女の歌い手としての才能に何度も驚かされながら、そしてAimerにとっても新たなチャレンジをしている楽曲になったと思います。ただ単純にこの素晴らしいアーティストがもっとこれから世の中の人に届いて欲しいという気持ちから生まれたセッションでしたが僕自身もいい刺激を貰える素晴らしい時間でした!

chelly (EGOIST):
この度はデビュー5周年おめでとうございます!Aimerさんにとって記念すべき年に一緒に音楽ができてとても光栄に思っております。「ninelie」という曲ですが、Aimerさんが夜明けの新しい一歩を踏み出すという意味合いも含んだ曲と伺ったので、一緒に歌わせていただく身として誠心誠意、背中を押せるようにと思っていたのですが、普段EGOISTという枠の中にいるわたしが外の世界に踏み出せたという意味でわたしにとっても新たな一歩でした。忘れられない一曲をありがとうございます。

澤野弘之:
2013年にご一緒した「RE:I AM」から、Aimerさんとは様々な楽曲を一緒に制作する機会を頂き、毎回その表現力や楽曲に対する向き合い方に刺激を受け感動しています。『甲鉄城のカバネリ』という作品を通して、再び楽曲制作出来たことを幸せに感じています。Aimerさんの歌声が、メロディや歌詞に力を与え、「ninelie」のサウンド・世界観を最大限に広げて貰えました。どんな楽曲にも多彩なアプローチや表現が出来るボーカリスト、今後のご活躍、そして進化を一ファンとして楽しみにしています!

内澤崇仁(androp):
初めてスタジオに入った時、たったの「ラララ」で彼女の世界を作った表現力に驚き感動しました。「Aimer」の世界を壊してみたくて、自分が今までやりたくてもできなかった欲望をぶつけました。彼女は全部受け止めて、壊れるどころか新しいカタチを生んで与えてくれました。素晴らしい表現者と作品を作れて、新しいAimerが生まれた瞬間に立ち会えて幸せです。1人でも多くの人にこの感動を伝えたい。

阿部真央:
神様に愛されている声っていうのは本当にあるんだなと、Aimerさんに出会って心底思います。そこに存在するだけで人々を癒し魅了してしまうAimerさんは、まるで天使です。Aimerさんの居るこの時代に生まれて幸せです。ずっと大好きです。

野田洋次郎(RADWIMPS):
Aimerの声をはじめて耳にしたのはもう3、4年前だと思います。たまたま知り合いからCDをもらって。声だけで、この人のことなんか好きだなと思ってしまった。レコーディング中は彼女の声を何度も聞くことができて幸せでした。そして大切なこの曲をAimerに歌ってもらえて、嬉しかった。Aimer、ありがとう。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。