体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛犬家住宅コーディネーターに聞く、犬のためのリフォーム術

愛犬家住宅コーディネーターに聞く、犬のためのリフォーム術

昔と違って犬は室内飼いが基本の昨今。里親募集でも譲渡の条件は“室内飼い”となっていることが多い。

そんな時代、“愛犬家住宅コーディネーター”という肩書きで、住宅デザインを提案する人たちがいる。どんな住宅が犬にとって良いのか? 筆者も愛犬コーギーのために興味津々。リフォームした実例と共に、そのキモを教えていただいた。

“愛犬家住宅”って、どんな家?

犬種にもよるが、犬は集団生活を好む生き物。家族の一員として、家族と遊び家族を守るのが彼らの思い。しかし、人にとって住みやすい家が、犬にとって住みやすいとは限らない。

“愛犬家住宅コーディネーター”という資格を設定し、教育・普及活動を推進しているワンオンワン社によると、“愛犬家住宅”とは、愛犬と愛犬家の目線で「安全・安心・快適」に暮らせる、さまざまな工夫とアイデアにあふれた家ということ。コーディネーターは、愛犬の「育て方」と愛犬の「住まい方」を両軸で“愛犬家住宅”を提案するスペシャリスト。現在の資格者は全国に3671名(2016年7月時点)。

今回は愛犬家住宅へのリフォームを自邸でも実践し続けている、人気コーディネーターの池田千夏子さんにお話を伺った。【画像1】愛犬家住宅コーディネーターの池田千夏子さん。在住の北海道を拠点に、会社員と二足のワラジで活躍中!(写真撮影/藤井繁子)

【画像1】愛犬家住宅コーディネーターの池田千夏子さん。在住の北海道を拠点に、会社員と二足のワラジで活躍中!(写真撮影/藤井繁子)

「愛犬はゴールデンレトリバー。14年前に建てた自宅も犬のために工夫したつもりでしたが、コーディネーターの勉強をして犬への理解が深まり、6年前“愛犬家住宅”にリフォームしました」という、池田さん。【画像2】Before:リフォーム前の玄関まわり。お散歩から帰った愛犬(北海道は雪・泥道が多いからレインコート必須!)が、モノにあふれたなかで……(写真提供/池田千夏子さん) 【画像2】Before:リフォーム前の玄関まわり。お散歩から帰った愛犬(北海道は雪・泥道が多いからレインコート必須!)が、モノにあふれたなかで……(写真提供/池田千夏子さん)【画像3】After:シャワー付き&タイル敷きで広めの玄関に、スッキリ・リフォーム!(写真提供/ワンオンワン)

【画像3】After:シャワー付き&タイル敷きで広めの玄関に、スッキリ・リフォーム!(写真提供/ワンオンワン)

今回のリフォームには、屋内外37項目にものぼる工夫ポイントがあるそう。ここでは、特に大切なポイントを中心に紹介してもらった。

「お散歩は毎日数回行う、愛犬にとって楽しみで愛犬家にとっては手間のかかるものですよね。それを、スムーズにストレスなく行えることが、お互いの日常をHappyにすること。まずは、玄関まわりでお散歩と犬のケアが完結するよう設計します」と、池田さん。

筆者が驚いたのは、シャワーが玄関外ではなく、内側に付いている点!?

「中・大型犬は外での足洗い後、足が汚れないように担いで家の中に入るのも難しいですよね。なので、家の中で洗って、そのまま部屋に上がれるようにします。玄関内は“室内”として、人も玄関外で靴を脱ぐスタイルです」

タイル敷き玄関は清掃性が高いだけでなく、夏場はヒンヤリ気持ちよいのでワンちゃんが好む場所。

わが家の愛犬も、暑い日は玄関タイルに寝そべっている……それを容認するなら、玄関タイルは室内として人間がきれいに使えば良いという納得の発想! 【画像4】玄関横には、犬にも使うドライヤーやビルトインのゴミ箱、鏡(これは飼い主用)などを備えた収納を設置(左)、愛犬が出て行かないようにロールゲートをすれば玄関扉を開け放つことも可能(右)(写真提供/池田千夏子さん)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。