ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ゴジラ誕生六十年という大きな節目を過ぎ」 『ゴジラのおことば』がネットに登場!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先日、ガジェット通信では
天皇陛下のお気持ち表明 テレビ東京が『午後のロードショー』を休止し報道特番を放送
http://getnews.jp/archives/1502737[リンク]
という記事をお伝えした。

8月8日、天皇陛下が象徴としてのお務めについてお気持ちを表明。同日15時からは、あのテレビ東京も『午後のロードショー』を休止し他局と並んでVTRを放送した。

戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。
私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。
本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

※全文はこちら

象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉(NHKより)
http://www3.nhk.or.jp/news/special/japans-emperor/[リンク]

8月14日、『はてなダイアリー』にそれっぽい
シン・ゴジラとしてのお務めについてのゴジラのおことば
http://anond.hatelabo.jp/20160814113954[リンク]
なるエントリーがアップされて一部で話題となっていたようだ。

ゴジラ誕生六十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、エメリッヒ版ゴジラ公開二十年を迎えます。
私も六十を越え、製作費の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、怪獣としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の特撮映画の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。
本日は、特撮ファンの高齢化が進む中、ゴジラもまた下火となった場合、どのような在り方が望ましいか、怪獣という立場上、現行の東宝の製作体制に具体的に触れることは控えながら、私が個獣として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

現在公開中の『シン・ゴジラ』については巧みにネタバレを避けながら、ゴジラとしてのあり方についてなかなか考えさせる文章となっている。興味のある方はお読みになってみてはいかがだろうか。

※画像は『はてなダイアリー』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP