ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ストレート型で薄くなったデジタルメモ『ポメラ』最上位機種『DM100』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ストレート型で薄くなったデジタルメモ『ポメラ』最上位機種『DM100』

キングジムは11月8日、新製品発表会を開催。デジタルメモ『ポメラ』の最上位機種として、ストレート型の『DM100』を発表しました。電子辞書やバックライト液晶の搭載、Bluetooth対応など機能を充実した製品。11月25日に発売し、価格は3万7800円(税込み)です。

ストレート型キーボード

『ポメラ』は、電源をオンにして2秒で起動し、テキスト入力に特化した機能で人気のデジタルメモ。シリーズ累計で20万台を出荷する人気製品です。折りたたみ式のキーボードが特徴だったこれまでの『ポメラ』と大きく異なり、『DM100』はテキスト入力のしやすさを重視、キーピッチ17mmのストレート型キーボードを採用しているのが大きな特徴です。キーボードは親指シフト入力にも対応。キートップ用のシールを同梱します。

薄型になった カバンにスッポリ収まるサイズ

厚さは24.6mm、最薄部11.9mmと薄くなり、ポケットには入れられないもののカバンに書類と一緒にスッポリ収まるサイズに。

バックライト付き大画面液晶

5.7インチ、800×600ドットのTFTモノクロ液晶にはバックライトを搭載し、暗い場所でもメモをとりやすくなりました。

3種類の辞書を搭載 辞書起動用のキー

大修館書店の『明鏡国語辞典 MX』『ジーニアス英和辞典 MX』『ジーニアス和英辞典 MX』の3種類の辞書を搭載。ディスプレーの右側にはハードウェアキーが用意され、テキストを選択してキーを押すとすぐに結果を表示します。

Bluetoothに対応

大きな目玉のひとつがBluetooth対応。従来のテキストのQRコード出力に加えて、テキストデータをBluetooth経由でパソコンへ転送できるようになりました。パソコンの接続は、Windows 7/Vista/XPに加えてMac OS 10.7、10.6、10.5に対応を拡大。さらに、『iPhone』『iPad』では本体をBluetoothキーボードとして利用することもできます。今のところAndroidには対応していませんが、対応は検討中だそうです。

縦書きやフレーム表示に対応

文章入力では、縦書きの表示と編集、2画面での編集、行間の5段階の設定、1行の文字数と行数を設定できるフレーム表示など機能を充実。パソコン版の『ATOK』辞書を最大2万語インポートする機能も搭載し、文章を書くのが仕事のユーザーにはかゆいところに手が届く仕様を盛り込んでいます。表形式で入力したデータをcsv形式で出力する機能も搭載し、ビジネスユーザーにも重宝されそう。

電源は単3アルカリ電池を2本使用。約30時間の長時間駆動を実現しています。

従来製品のファンには大きなデザイン変更に違和感があるかもしれませんが、NEC『Mobile Gear』のユーザーだった人、NECのAndroid端末『LifeTouch NOTE』や携帯電話『N-08B』に心が動いた人には改めて気になるガジェットになりそうです。

『DM100』主な仕様
キーボード:JIS配列キーボード キーピッチ17mm
本体メモリー:128MB 1ファイルあたり最大全角4万文字、最大1572ファイル保存可能
ファイル形式:txt、csv
ディスプレー:5.7インチ TFTモノクロ液晶、SVGA(800×600ドット)、バックライト搭載
インタフェース:USB(ミニBタイプ)
メモリーカードスロット:SDカード(最大2GB)、SDHCカード(最大32GB)
電源:単3アルカリ乾電池×2
電池寿命バックアップ電池:リチウムコイン電池(CR2016)
本体サイズ:W263×D118.5×H24.6mm(突起部含まず)
重量:約399g(電池含まず)
Bluetooth:Ver 2.1+EDR
Bluetoothプロファイル:HID、FTP
Bluetoothキーボード対応機種:iPad2、iPad、iPhone 4S/4/3GS、iPod Touch(第4、第3世代)
辞書:明鏡国語辞典 MX、ジーニアス英和辞典 MX、ジーニアス和英辞典 MX
PCリンク時対応OS:Windows 7/Vista/XP(32bit/64bit対応)、Mac OS 10.7/10.6/10.5
同梱品:USBケーブル(A-ミニBタイプ)、本体内蔵電池

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。