ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ローグ・ワン』特報第2弾が日本先行解禁 物語のカギを握る重要人物はマッツ・ミケルセン?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先週末に新トレーラーが公開され、ついにダース・ベイダーの姿もお披露目となった映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。本日、全世界に先駆けて、日本では早くも第2弾の特報映像が解禁となりました!

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』特報第2弾(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=4wlqKd_uoLc

同作は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より前の時代が描かれるスピンオフ作品。銀河のアウトロー、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)は、自身の犯罪歴を消し去るチャンスとして、帝国軍の宇宙要塞“デス・スター”の設計図を盗み出す指令を言い渡されます。エピソード4でレイア姫がR2-D2 に託した設計図は、いかにして入手されたのか。旧シリーズで明言されなかった「多くの犠牲」の詳細がついに明らかとなるワケです。

新たに公開された注目すべきシーンは、孤独に生きてきた主人公ジンが、反乱軍の基地で「(帝国軍からのメッセージの)発信者は君の父だ」と告げられ、戸惑いの表情を見せるシーン。ジンの父親ゲイリン・アーソは、名優マッツ・ミケルセンが演じることになっており、先月ロンドンで開催された『スター・ウォーズ』の世界的祭典“スター・ウォーズ・セレブレーション”では、「宇宙を根本から変えてしまう大発明をした科学者なんだ」と、その役柄について本人が語っています。

また、エンターテイメント・ウィークリー誌によると、「破滅をもたらす彼の知識は、帝国軍と反乱軍の両軍から求められる」存在とのことで、この物語、さらには『スター・ウォーズ』シリーズにおいても非常に重要なカギを握る存在となりそうです。

【関連記事】映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、キャラクターの詳細が公表されダース・ベイダーの登場も確定(Variety Japan)
http://variety.co.jp/archives/9922

映画『007/カジノ・ロワイヤル』やテレビシリーズ『ハンニバル』で悪役のイメージが強いミケルセンですが、今作では単純な悪というワケではなさそう。“デス・スター”の設計図を盗み出す物語ということは、もしかすると……?

(C)Lucasfilm 2016

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP