ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleは「Fuchsia」と呼ばれる新たなオペレーティグシステムを開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が「Fuchsia」夜呼ばれる新たなオペレーティングシステムの開発に着手していることが判明しました。Fuchsia は Google の Git リポジトリで発見され、そのタイトルには「Pink + Purple == Fuchsia (a new Operating System)」との意味深なキャッチフレーズが記されています。Git リポジトリで公開されているプロジェクトの情報によると、Fuchsia は Magenta と Little Kernel を用いたモバイル OS となる模様です。LK は、小規模なシステムや組み込みシステム用のカーネル実装で、Magenta は公開ドキュメントによると「現代のスマートフォンや高性能プロセッサを搭載した PC 向けの OS」なので、Google は組み込みシステム向けに独自の OS を開発していると考えられます。Source : Git

■関連記事
Android用のChrome 54 Devがリリース
Desire 10 ProとDesire 10 Lifestyleの詳細が伝えられる
モバイルゲージで「Galaxy Note 7」の予約受付が開始、台湾モデルは日本語表示も可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP