体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ゴーパッパって何?】「笑顔で空模様を伝えたい」と話す岡田みはるさんに“気象予報士”のお仕事について聞きました

f:id:arkcomm:20160805171557j:plain“明日晴れたらいいな”というささやかな幸せから、“積み荷の陸揚げがあって波高が知りたい”というのっぴきならない事情まで、さまざまなお天気に関する情報を伝えてくれる気象予報士さん。

夏と冬の年2回行われる国家試験に合格すればなれることは知っているけれど、資格をゲットしてからの道については、あまりイメージできませんよね。 いざ予報士になったら日々どのような仕事が待っているのかを、現役のお天気お姉さんとして活躍中の岡田みはるさんに聞きました。

■気象予報士はサービス業の一面も

—現在はどんなお仕事をしているのですか?

岡田:TBSの「ひるおび!」で森朗さんが出演している、お天気コーナーのサポート業務をしています。

気象予報士は表に立つ出演の仕事だけでなく、チームで予報や季節ネタを考えたり、番組でアナウンサーが読む原稿を考えたり、さまざまな裏方ともいえる仕事があります。

TVやラジオに出演している予報士はほんの一握りかもしれませんが、見えないところで多くの予報士が働いているんです。

以前、アイドルの女性のために原稿を書く仕事をしていたこともありますよ。原稿書きも好きで、こう言ったらかわいいかな、視聴者により伝わるかな、と思いを巡らせたりしてなかなか楽しいものです。

—かつて舞台女優やモデルの仕事をしていた岡田さんが、気象予報士になっていたのには驚きました。気象予報士は試験に受かったらすぐに仕事があるのですか?

岡田:試験に受かった後で予報の仕事に就く方法は、だいたい3パターンです。ひとつは気象予報士を必要とする会社や官公庁・地方自治体の求人に応募すること。農林水産業や港湾関係など天気が密接に関係する業界は少なくありません。最近では、気象災害に備えて地方自治体の求人が増えつつあります。

もうひとつは、ウェザーマップのような気象会社に所属して仕事をする形。3つめは、日本気象予報士会という社団法人の会員になり、仕事の情報を手に入れるスタイルです。 全国に約1万人の予報士がいる中、予報業務に就いているのはごく一部。

学校の先生や公務員、医師の方が、本業とは別に有資格者だったりします。地域で、母親や子どもを相手にお天気教室を開くなどして活躍するママさん予報士もいます。

f:id:arkcomm:20160805171716j:plain

—予報士としてどんな仕事をしてきたのか教えてください

岡田:最初に携わったのは、波の予報でした。港湾作業者向けに、波の高さをお知らせする仕事です。

他には高速道路の天気予報に出演したりと、テレビで大勢の視聴者にお伝えするのとは対照的で、割とターゲットをしぼった情報をお伝えしていました。

同じ高速道路でも、人によって知りたいことが違いますので頭を使います。たとえば、平日や夜間に高速道路を走るプロのトラックドライバーと、土日に増える、土地に不慣れな行楽の家族とでは、伝えるポイントが変わってくるんです。

—印象的だったお仕事を教えてください

岡田:初めての仕事ということもあってか、波の予報が一番印象深く気持ちに残っています。波が高くなると、港湾での作業ができなくなりますので、予報を出す方も、受け取る方も真剣そのもの。

ある時、どしゃ降りの雨と高波のタイミングを予想して、それを目安に港湾業者さんが作業スケジュールを組まれたんです。その日は見ごと予報が的中して、「なんとか作業が間に合ったよ」とはずんだ声で感謝の電話をいただきました。とてもうれしかったことを覚えています。

自分が出した予報で喜んでくれる人がいる…気象予報士ってサービス業でもあるなって感じた瞬間でした。

—はずした時はやっぱりショックなんですか?

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。