体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラノベ作家同士はいつもどんな話をしているの? 投稿サイト出身作家に聞く

ラノベ作家同士はいつもどんな話をしているの? 投稿サイト出身作家に聞く

小説投稿サイトで注目を集めた小説が書籍化し、ヒット作品になる。

このほどハリウッドで実写ドラマ化が発表された『ソードアート・オンライン』の原作者である川原礫さんは、もともとは小説投稿サイト「Arcadia」で投稿していた経歴を持つ。

ライトノベル作家たちを取り巻く環境も大きく変わりつつある。「小説家になろう」への投稿をきっかけに『火刑戦旗を掲げよ!』でMFブックスからデビューしたライトノベル作家・かすがまるさん。

そのインタビューにおいて彼が繰り返し話しているのは、投稿サイト内で生まれる作者と読者の不思議な絆であり、その絆がモチベーションにつながっていくという話だった。

第2回:人気小説は「ライブ感」から生まれる

第1回:「ライトノベル作家」に夢はありますか?

第3回は作家と出版社の関係、ライトノベル作家同士ではどのような話をしているのかということについて話を聞いた。

(取材・文/金井元貴)

■どこが重視されるのか? ウェブと紙の違い

――かすがまるさんが小説を投稿している「小説家になろう」は、基本的にテキストのみでの投稿ですよね。ライトノベルの場合、一般的にはイラストが重要とされていますが、かすがまるさんは作家の立場からイラストの扱いについてどうお考えですか?

かすがまる:確かにライトノベルが売れるかどうかは表紙のイラストの力が大きいという話がありますし、(イラストは)読者が本を手に取る上での窓口ですから、それは正解だと思います。やはり本の場合は、手にとって買ってもらわないといけないので。

「小説家になろう」は書き手も読み手もお金をかけずに利用できます。だから読者さんは1、2話ちゃんと読んだ上で、そのまま読み続けるかどうかをジャッジするわけです。だから、イラストのような取っ掛かりはあまり必要ありません。

――内容の面白さで判断されるのはシビアですね。

かすがまる:そうですね。1、2話くらいで読者の心をつかまないといけないので、そこに注力します。投稿だけ考えれば、イラストの力は考えない方がいいのかな、と。

――となると、投稿サイトのライトノベルと一般流通している本のライトノベルは別のものと考えたほうがいいのでしょうか?

かすがまる:その辺の定義について私自身は答えを持っていませんが、「小説家になろう」に限っていえば、物語に入る上で(最初の1、2話が)重要視されるという話ですし、書籍のライトノベルは表紙のイラストからその物語に入っていくということです。

だから新規の読者さんにどこで興味を持ってもらうかの違いなのだと思います。作品をどう売りたいかという、ビジネス的な戦略の違いってことなのかな。でもそこは作家の考えることではありませんよね。

――KADOKAWAが仕掛ける「カクヨム」もスタートして、小説投稿サイトが今、大きく盛り上がっていますが、投稿サイト発の小説の書籍化が増える中で、出版社側も投稿サイトをいかに活用するかという方向にシフトしています。

かすがまる:それは間違いなくある動きですね。

――それは一方で、出版社側が「育成する」よりも「人気作を発掘する」方向に進んでいるようにも感じられますが…。

かすがまる:基本的に作家としての考えは、読者と一緒に楽しんで物語を作っていきたいということが念頭にあります。

「小説家になろう」ではそれがお金をかけずに両者ができるわけですよね。インターネットでも有料サイトなどはありますし、原稿料が発生するならばそちらの方が作家の寿命を延ばすことにもつながるのでしょうけど、読者は限られますし、そういう動きは生まれにくいのではないかな。

■アツく語るのは学生デビューした作家

――お答えしにくい質問かもしれませんが、かすがまるさんが『火刑戦旗を掲げよ!』でデビューされたときはどのくらいの部数だったのですか?

かすがまる:非常に答えにくいところですね(苦笑)。ただ、これはよく聞く話で、投稿サイト発の小説はすでに読者さんがついているので、どのくらい売れるかという見込みが立ちやすいようです。ようは売れる裏付けがあるわけですね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。