ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZenFone 3を片手で楽々と操作できる「片手モード」を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS ZenFone 3(ZE552KL)は 5.5 インチの大きなディスプレイを搭載していますが、この機種に搭載されている「片手モード」を使うと、片手で楽々と操作できるようになります。「片手モード」とは、ディスプレイに表示される UI 全体を小さな枠で表示する機能です。6 インチ前後のスマートフォンではもはや定番の機能となっています。「片手モード」を有効にすると、ホーム画面から各アプリの画面まで、ディスプレイよりも小さい枠で表示され、しかもサイズを調節することもできます。手の小さい方や、片手が塞がっている際にサクサク操作したい場合に有用です。ZenFone 3 で「片手モード」を有効にするには、クイック設定ツールにあるタイルをタップします。表示枠の大きさは 3 インチ ~ 4.7 インチ程度の範囲で調節できます。ZenFone 3 の片手モードはフルスクリーンモードボタンをタップしないと元の表示に戻らないので、誤操作による解除が発生しにくい点が特徴だと言えます。

■関連記事
ZenUI 3.0のゲーム関連機能「Game Genie」を紹介
楽天モバイル、「Huawei MediaPad T2 7.0 Pro」と「ASUS ZenPad 10(Z300CNL)」を販売開始
BlackBerry、メッセンジャーアプリ「BBM」のフリーステッカー「The Olympics」を期間限定で配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP