ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」「Xperia A4 SO-04G」のAndroid 6.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 8 月 9 日、Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia Z3 SO-01G」「Xperia Z3 Compact SO-02G」「Xperia A4 SO-04G」の Android 6.0 アップデートを開始しました。今回のアップデートは、OS のバージョンアップを伴う大規模なもので、Android 6.0 Marshmallow の新機能のほか、Sony Mobile が独自に行った変更が主なアップデート内容になります。アップデート後のビルド番号は全モデルとも「23.5.B.0.303」です。Android 6.0 では、ホームボタンを長押しすると画面の情報を読み取り文脈に合わせた情報やメニューを表示する「Now On Tap」や、共有メニューからダイレクトに相手を指定して情報を送信できる「ダイレクトシェア」、URL を開くアプリを事前に定義できる「アプリリンク」などが利用できるようになります。また、内部的な改善として、端末がスリープ中にアプリの活動を抑制して電力消費を抑える「Doze」モードが有効なのでバッテリーの消費量がアップデート前よりも減ると期待されます。Sony Mobie による変更内容は、ホームアプリ「Xperia ホーム」の遷移エフェクトをカスタマイズしたり、ホーム画面のスワイプダウンで端末内検索を実行したり、アプリのアイコンスタイルをサードパーティ製アプリで変更できるようになります。また、カメラアプリは UI が刷新され、スワイプでモードを切り換える仕組みに変わっています、さらに、「電話アプリ」では、通話履歴の画面に「通話履歴フィルタ」が常時表示されるようになりました。アプリ起動履歴の画面は、サムネイルのスクロールで下部のスモールアプリのバーが非表示になります。改善内容としては、WEB ブラウザの履歴が表示されない現象が修正されています。Source :Xperia Z3 SO-01GXperia Z3 Compact SO-02GXperia A4 SO-04G

■関連記事
NTTドコモ、「Xperia X Performance SO-04H」のソフトウェアアップデートを開始、画面を回転させた際に正しく表示されない現象を修正
米国のAmazonが「BlackBerry DTEK50」を公式に発売(更新)
Android版「ポケモンGo」がv0.33.0にアップデート、ニックネームの変更に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP