ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車内でも簡単にワイヤレス充電!カーマウントホルダー「Put2Go」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイル機器が進化するにつれ、「自動車運転の安全性」がより叫ばれるようになった。

車内で使うものは、何であれ運転を阻害する代物であってはいけない。スマートフォンもそれに当てはまる。ハンドルから手を離してスマホを握ることはできないし、また車内での充電も文字通りスマートでありたいものだ。

スマホ用カーマウントホルダー『Put2Go』は、安全な運転を実現しつつ、充電も行えてしまう新製品である。

マグネットシートがアダプターに

Put2Goは車内に設置するマウント部と、スマホの背面に貼り付けるシート部で構成される。

このシート部は、すなわち充電アダプターだ。マウント部に密着する面はマグネットシートになっているが、そこから通電が発生してパワーをスマホに送っている。

Put2Goは缶ジュースですらも支えられるほどの強力な磁石でスマホを保持。走行中の縦揺れにも、充分に耐えられる。

iPhoneユーザーの場合、『Hey Siri』機能を車内で使用する時は文字通り「ハンズフリー」で操作が可能で、充電もできる。

すべてのスマホに対応

アダプターを兼ねるマグネットシートは、3種類存在する。これはすなわちプラグの違いで、Lightning、Micro-USB、そしてUSBタイプCに対応している。

値段は早期予約で39ドル(約3900円)で、送料はこういった商品では珍しく、世界中どこに届けても無料。

Put2Goはクラウドファンデングサイト『Kickstarter』に出展されたその日から、多くの出資を集めた。締め切りまでまだ1ヶ月以上残しているが、目標額の300%に迫る勢いで注文をい集めている。

狭い車内でのスマホ操作は、時として運転に悪影響を及ぼしてしまう。それを防ぐための器具として、Put2Goは日本でも普及の見込みが大いにある製品だ。

Put2Go

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP