体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】『ミュージカル・赤毛のアン』オーディションから合同合宿までを密着取材!見たい人にも出たい人にも全て見せます

01IMG_1373_R

8月14日(日)の北海道公演を皮切りに8月25日(木)の大坂公演まで全国8都市で開催されるエステー主催の“2万人の鼓動TOURS ミュージカル「赤毛のアン」”
昨年の公演を取材し、今年のオーディションの模様も動画で公開したところ総再生時間が5000分にもおよび、見たい人だけではなく「出たい人」にも相当な関心があることが伺える。
そこで、記者は公演前の合同合宿を取材したので、その模様をレポートする。

※参考記事(昨年の公演)
笑いあり!涙あり!感動あり! 2万人の鼓動 TOURS ミュージカル『赤毛のアン』観覧レポート
http://getnews.jp/archives/1097954 [リンク]

IMG_8260_R

まずは、今年4月に行われたオーディションの模様を動画でお伝えしよう。

■赤毛のアン2016オーディション
https://youtu.be/q3NaiT_7RiY

審査はダンス審査を行い、これに合格したものだけが次の歌唱審査に進むことができる。

l-1IMG_2859_R

歌唱審査で唯一動画を収録していた寺嶋あやめさん(20)が、合格していた。彼女は大学生。
以前にオーディションを受けた経験があり、その際には歌唱審査で涙をのんだそうだ。
しかし、今回3度目の正直で審査を通過し、オーディション終了後に「ホッとしている」と正直な感想を語ってくれた。

IMG_8393_R

さて、各地でオーディションを行い合格者は全国で出演できる者と、地方公演だけで出演できる者とに別れそれぞれの地方で練習を行う。

IMG_8328_R

しかし、ミュージカルである以上は、全国出演者やレギュラー主演者と合わせなければミュージカルそのものが成立しない。

IMG_8368_R

そこで、夏休み期間中にブロックごとに東京に集合して合同合宿を行う。
その模様を取材した。

IMG_8376_R

オーディションの際にインタビューした寺嶋あやめさんは、全国アンサンブルに選出されていた。
大学の試験がある中で、合同合宿に参加していた彼女は「朝だけ抜けさせてもらって試験を受けたり大変ですよ。でも、このような舞台に立つのが夢でしたので夢中で頑張っている最中です」と、学業との両立を誓った。

IMG_8387_R

この日は東北ブロックと九州ブロックの合格者による合宿。
それぞれが交代で先生の指導を受けながら演技を合わせていく。

IMG_8319_R

先生は厳しいながらも優しく「今はみんなの間違っているところを探しているところなので、思いっきりやってください!」と語りかけ、個々に指摘してミュージカルの完成度を高めていく。

IMG_8264_R

それぞれの持場や立ち位置の細かいところや、歌いながらの演技なのでそのズレや全体とのバランス感覚は全体を見渡さないとわからない。

IMG_8409_R

つまり、観客からはまずいところはすぐに分かっても、演者にはわかりにくいのだ。

IMG_8434_R

各地の公演では同じセリフや歌唱であっても、演ずる人が違うのでそれぞれが異なるミュージカルとなる。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。