体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】老舗製麺所『浅草開化楼』の麺を使った冷やしラーメン @『麺屋きわみ』

kiwami-hiyasi020_R

ガジェット通信編集部のある秋葉原も本格的に夏が訪れ、もはや筆者が熱射病で倒れるのも時間の問題かと思われます。

というわけで、暑い夏は“冷やしラーメン”一択でして、とりあえず今回も秋葉原の冷たいラーメンを紹介してみましょう。

『麺屋きわみ』

kiwami-hiyasi015_R

さして『麺屋きわみ』に興味のなかった筆者ですが、あの昭和25年創業『浅草開化楼』の麺を使っているとなると話は別です。

筆者もちょいちょい趣味で麺を作っているので何気に知っている『浅草開化楼』ですが、多くのラーメン屋さんに美味しい麺を提供する一方で、製麺所の営業担当でもありフリープロレスラーでもある負死鳥カラス氏はラーメン屋さんと麺を共同で開発しています。

つまり長い経験と多くの知識は業界でもトップクラスであり、製麺所としてのブランドを確立している『浅草開化楼』の麺はラーメン好きなら必食の麺なのです。

冷し坦々麺を所望する!

kiwami-hiyasi031_R

というわけで、暑い秋葉原の夏は冷たいラーメンしか食べない勢いの筆者は、ふたつのメニューに悩む次第で御座います。

『冷し中華のつけ麺』(800円)と『冷し坦々麺』(850円)の二択です。

微妙に悩む選択肢ですが「3秒で決断出来ない男は死あるのみ!」と言う我が家の家訓により、割とマッハで決断した結果は『冷し坦々麺』で御座います。

kiwami-hiyasi013_R

何故、コチラを選んだのかというと、過去の自分に聞いてみないと分からないのですが、恐らく『冷し坦々麺』な気分だったんじゃないでしょうか?

kiwami-hiyasi021_R

整いました。

まず、坦々麺という程の辛さが伝わらないビジュアルですが、食べた感じも辛さは控え目、むしろ辛さは皆無と言っても過言ではないレベルでした。

kiwami-hiyasi024_R

「坦々麺とは、何か?」

この素朴な疑問に辿り着くまで、多くの時間は必要ありませんでした。

kiwami-hiyasi023_R

しかし!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。