体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パッケージを見るだけで汗ダク! 辛い焼きそば3種を食べ比べ

3品

こんにちは! 札幌在住ライターのゆんちょです。

夏本番ですね。今回は、見ただけで辛そうなパッケージの焼きそば3品をご紹介します。

赤や黄色、辛さや暑さを連想させる色合い

鮮やかパッケージのU.F.O.

UFO

日清「焼そばU.F.O. 極太 RED&YELLOW」

売り場でひときわ目立つ、赤・黄・橙のカラフルさ! もう絶対に辛いに決まってます。 UFO中身

ソースが2種類と“魚”粉

“かやく”という小袋は見当たらず、具材は最初からカップの中に入っているようです。

ここで、注意! 赤いソースは「フタの上で温めて」とあり、黄色いソースは「温めないで」となっています。 UFOレッドソース

熱々の麺にかけたレッドソースからにんにくの香りがブワッ

  UFOイエローソース

熱々のうちに手早くイエローソースを!

なるほど、黄色いソースは“卵黄”です温め禁止のわけがわかりました。固まらないようにするためなんですね。

 UFO魚粉

つけ麺に“魚粉”は、わりと見られますが、焼きそばに、となると珍しい。

“辛魚粉”とありますが、魚臭がやや気になり、粉そのものの辛さは、わかりづらいかも…少しずつ、様子をみながら、かけていくと調整できていいかもしれません。

ニンニクや魚粉の強烈な香りに襲われますが、卵黄ソースが辛さを緩和しているのか、口当たりはまろやかです。

ひたすら辛い! おどろおどろしいパッケージの鬼金棒

きかんぼう

ニュータッチ「鬼金棒カラシビまぜそば」

黒を基調とし、炎が燃え上がるようなデザイン。鬼に金棒で「きかんぼう」と読むのですね。

“わんぱくで人の言うことを聞かない”っていう意味がありますよね。

なんだか手強そうな味を想像させます。  きかんぼう中身
1 2次のページ
もぐナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy