ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、デュアルエッジスクリーンを搭載した「Galaxy Note 7」を正式発表、8月19日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 8 月 2 日(米国時間)、米国・ニューヨークで行われた Galaxy Unpacked 2016 イベントで、スタイラスペンによる手描きをサポートした Galaxy Note の第 6 世代モデル「Galaxy Note 7」を正式に発表しました。Galaxy Note 7 のグローバルローンチ日は 8 月 19 日です。Galaxy Note 7 は昨年発売された Galaxy Note 5 の後継モデルで、「Galaxy Note 6」と飛ばして「Galaxy Note 7」と命名されました。新モデルでは筐体デザインを Galaxy S7 / S7 edge と同じようなアルミフレーム & ガラスパネルのフラットな外観にしており、Galaxy Note シリーズで初めてデュアルのエッジスクリーンを採用しました。また、IP68 の防水・防塵に対応しました。生体認証機能には指紋だけではなく、眼の虹彩で本人確認を行う虹彩認証機能が追加され、画面を見るだけでロック画面を解除することがでいます。また、Galaxy シリーズで初めてリバーシブルな USB Type-C コネクタを採用しました。主要スペックは Galaxy S7 / S7 edge と大差ありません。ディスプレイサイズは前作と同じ 5.7 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの Super AMOLED(518ppi)で、エッジスクリーン機能が利用可能になっています。筐体サイズは 153.5 x 73.9 x 7.9mm、質量は 169g。前作から横幅が 2.2mm 細くなり 2g 軽量化されました。しかし、厚みは 0.3mm 増えています。プロセッサは Exynos 8890 2.3GHz × 4 + 1.6GHz × 4 のオクタコア。メモリは 4GB RAM(LPDDR4)、64GB ROM(UFS 2.0)、Micro SD カード(最大 256GB)。バッテリーの容量は 3,500mAh で、急速充電とワイヤレス充電をサポートしています。リアカメラは 1,200 万画素のデュアルピクセルカメラを、フロントカメラには 500 万画素のイメージセンサーを採用。前後のレンズには F/1.7 の明るいものを使用しています。また、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正を組み合わせた「スマート光学式手ブレ防止」機能や、動画に HDR の補正をかけてライブ配信する機能をサポートしています。通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)、Bluetooth v4.2 LE、NFC、MST(Samsung Pay 用)、LTE カテゴリ 12 などをサポートしています。OS は Android 6.0 Marshmallow で、ホームアプリやシステム UI などのデザインが一新。Galaxy Note の魅力は S ペンです。S ペンは Galaxy Note 7 でも改良されました。S ペン本体はペン先のサイズが 0.7mm へとさらに細くなり、筆圧も 4,096 段階で認識されるようになりました。これにより書き味がさらに自然なものになったとされています。機能面では、スリープ中の画面にメモを作成してそのメモを Always On ディスプレイに表示する機能が追加。スマートセレクトを使って GIF アニメーションを作成して共有する機能が追加。Air Command ではホバーアクションで画面の任意の部分を拡大したり翻訳結果を表示できるようになりました。このほか、Galaxy Note 7 には改良版の Gear VR が提供されます。Galaxy Note 7 のカラバリは、Blue Coral、Gold Platinum、Silver Titanium、Black Onyx の 4 色です。Source : Samsung

■関連記事
Samsung、USB Type-CとMicro USBを両方サポートした新型Gear VRを発表
Moto Z用の「Hasselblad True Zoom Camera」のパンフレットが流出
Sonyの6インチスマートフォン「Xperia XA Ultra(F3215)」開封の儀&ファーストインプレッション

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。