体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気小説は「ライブ感」から生まれる 投稿サイト出身作家に聞く

人気小説は「ライブ感」から生まれる 投稿サイト出身作家に聞く

小説投稿サイトで注目を集めた小説が書籍化。そんな事例が当たり前となった今、ライトノベル作家たちを取り巻く環境も大きく変わりつつある。

「小説家になろう」への投稿をきっかけに『火刑戦旗を掲げよ!』でMFブックスからデビューしたライトノベル作家・かすがまるさん。そんな彼へのインタビューの中で、小説投稿サイトの存在の大きさや、執筆時に生まれる読者との「ライブ感」など、今までになかった新しい潮流を垣間見ることができた。

第2回はインターネット発小説ならではの、変わりつつある作者、編集者、そして読者の関係についてお話をうかがった。

(取材・文/金井元貴)

■乱立する「ライトノベル作家デビュー指南サイト」

――かすがまるさんは現在専門学校で講師としてライトノベルの書き方を教えていますよね。インターネット上ではライトノベルの書き方を指南するサイトや、プロデビューをするための方法が書かれたページが結構ありますが。

かすがまる:そうなんですよね。おそらくそれだけ需要があるということなのだと思いますけど…。ライトノベルは他の小説と比較しても敷居が低いというか、本来であれば扱っているテーマの重い軽いで(小説のジャンルを)決めてはいけないところがあるのでしょうけど、比較的入りやすいのだと思います。

また、ライトノベル発でアニメ化、コミカライズした人気作品を楽しむところから入っていって、自分もライトノベルを書いてみようと考えている人も多いです。成功例を自分も辿ってみたいというか。イラストを描くって意外とハードルが高いものですが、文章ならば自分も書けるんじゃないかと思う人もいるようです。

でも、なぜあんなに「ライトノベルの書き方」サイトがあるんだろう。謎ですよ。

――サイトを見てみると、書き方からデビューの仕方までさまざまです。お金の話をしているページもありましたね。

かすがまる:ライトノベルは文章力も大切ですし、その一方でアイデア勝負なところもあります。いろいろなところにニーズがあって、今まで書いてきた人も自分の考え方を伝えたいという想いがあるのかもしれない。

――こういう「書き方」指南サイトってどのへんまで参考にすべきなんでしょうか。

かすがまる:正解はないけれども、参考にすべき例はたくさんあるという感じだと思います。作風もレーベルによってがらっと変わりますし、新人賞の傾向もその年によって異なります。これが正解でこうすれば売れるという方法は知らないし、出版社の編集者も(売れる形について)ぼやっとしたものはあるかもしれないけれど、明確なものを持っている人は少ないように思います。

■加筆修正? 書き直し? 編集者とのやりとり

――ライトノベル執筆の際には、編集者とどんな話をするんですか?

かすがまる:すでに投稿サイトなどにアップしているものと、全く新しい作品をこれから書いていくというものでは話の内容が全然違います。

前者の場合は投稿サイトにアップされているので無料で読めてしまうから、書籍化した際にどれだけ付加価値がつけられるかという話が中心になります。例えば巻末にサイドストーリーを付けてみよう、誰のエピソードを書きましょうか、というようなところですね。「こうすれば読者は嬉しいよね」という話をします。

――編集者からの加筆修正などの注文は多いんですか?

かすがまる:うーん…(苦笑)。これは言ってもいいものか分からないところなのですが、そのレーベルによって度合いは違うという回答ですね。作品によっても異なるのでしょうけど、書き直しさせられるところもあれば、そうではないところもあるよ、と。

私の場合はどのように付加価値をつけるかという話をしていました。

――作家さんの中には「推敲」、特に文章を削るところに心血を注ぐ方もいます。

かすがまる:私個人の話でいえば、「削る」のはわりと過酷な作業でして(笑)。でも、結果面白くなるのは間違いないんです。プロとアマチュアの差というのはそういったところに出てくるのかなとも思いますね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。