ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山田和樹&東京混声合唱団、国歌を通じた文化交流プロジェクトをスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 指揮者の山田和樹と東京混声合唱団が立ち上げた【アンセム・プロジェクト】のキック・オフイベントが7月28日に駐日ブラジル大使館で行われた。

 本プロジェクトは、2020年に開催される東京オリンピックに向け、世界各地の国歌や愛唱歌を演奏するというもの。音楽を通じて、世界の国々へ好奇心を抱き、文化交流を行うことを目的としている。本日のイベントでは、間もなく開催されるリオデジャネイロ オリンピック&パラリンピックへ向けた「ブラジル国歌」や「上を向いて歩こう」などが披露された。

 イベント終了後、山田和樹は「楽譜や言葉の問題もあるが、1つの合唱団が世界中の国歌を歌うというプロジェクトは、今までにない試み。このプロジェクトを通じて、東京から世界へ文化交流の素晴らしさを発信できれば」と意気込みを述べた。

関連記事リンク(外部サイト)

【初音ミクシンフォニー】セットリスト公開! 鏡音リン&ボイス担当の下田麻美/40mPも出演
ハリー・ポッターを生オーケストラと!ワールドツアー初回公演の模様が公開
世界最高のバレエ・ダンサー達が一堂に会す珠玉の舞台が開幕、フェリ、アナニアシヴィリ、ザハーロワ他

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP