ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlackBerry 「DTEK50」 命名の背景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カナダの WEB サイト Mobile Syrup で、BlackBerry が今週発表した Android スマートフォン第二弾「DTEK50 by BlackBerry」の命名に関する背景が掲載されています。DTEK50 は、その発表前には「Neon」や「Humburg」と呼ばれていましたが、実際には「DTEK50」として発表されました。実は、この名前は Bluetooth SIG の認証情報にも記されていたので事前に漏れていたのですが、まさかこれに決まるとは予想外。BlackBerry において端末デザインを統括している Scott Wenger 氏が同サイトからのインタビューに応じ、命名の背景に言及しました。「DTEK」というのは Priv と一緒に登場したセキュリティアプリのことで、端末をモニタリングして、アプリやシステムの不穏な活動を検出・制御する機能を提供します。BlackBerry はこの DTEK を Android モデルのコアと位置づけており、DTEK を前面に推し出した結果、製品名に採用されたのです。これと BlackBerry 10 端末のネーミング規則(「Z30」や「Q10」)を組み合わせた結果、「DTEK50」が決定しました。「50」の出どころは不明ですが、過去のナンバリングとの兼ね合いを考慮して「50」にした可能性が高そうです。Source : Mobile Syrup

■関連記事
U-NEXT、8月より山陽新幹線の列車内でSIMカードを販売
Sony、「Smart B-Trainer」のファームウェアアップデートを開始
「Xperia XA Ultra」が米国で発売開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP