ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスに役立つコンテンツを即座に形にできるアプリ「Pash」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

pash_1通勤途中にふと、プレゼンのアイディアが浮かんだ。会社に戻ったらすぐ会議なので、今のうちに資料を作っておきたい。

働く人間の心理として、そういうことはよくあるが、移動中の電車の中で、パッと湧き出たアイディアをすぐに形にするのは難しいものだ。

そんなとき役に立つのが、この「Pash(パッシュ)」。写真やテキストを直感的に使って、短時間でコンテンツとして保存できる便利アプリ。ビジネスをはじめ、あらゆる場面で活用できること請け合いだ。

・浮かんだアイディアをその場で共有

pash_2使い方は、簡単。まずアプリで、ひとつのファイル名をつけたら、カードと呼ばれる1枚の枠内に、写真やテキストを配置していく。ファイルには複数のカードが順番に並び、思いついた順にメモのように、まとめていくことができる。

完成したファイルはGoogleドライブやメールで、画像ファイルまたはPDFファイルとして送信。すぐにみんなにシェアできるから、情報鮮度が維持されるとともに、タイムラグも生じない。パソコンを立ち上げず、スマホやタブレットで手軽に扱える点もグッドだ。

・ライブ感のある情報伝達に!

pash_3用途はさまざま。例えば、会議中にホワイトボードを撮影し、手書きのメモをつけて簡易議事録として送信したり、今すぐ報告したい現場写真を、その場で上司に報告するなど、ライブ感を伴う情報の伝達には特に効果を発揮する。

旅先やイベントなど、仕事のみならず夏のレジャーでも活躍すること間違いなし。iPad・iPhoneユーザーなら、誰でも無料で利用可能だ。

Pash

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。