ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、有料アプリやコンテンツを最大6人で共有できる「ファミリーライブラリ」の提供開始を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 7 月 27 日(現地時間)、Google Play の有料アプリを家族で共有できる「Google Play Family Librar(ファミリーライブラリ)」の提供を開始したと発表しました。ファミリーライブラリは、最大 6 人(管理者 1 人 + メンバー 5 名)の家族グループ内で購入した対象アプリやゲーム、映画、テレビ番組、電子書籍を共有できるサービスです。Google の発表によると、ファミリーライブラリは本日より数日中にわたり展開される予定で、まずは日本、オーストラリア、米国、英国、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、メキシコ、ニュージーランドで提供されます。ファミリーライブラリを利用するには、まず「家族グループ」を作成します。これにメンバーとなる他の Google アカウントを追加することで、アプリやコンテンツが共有できるようになります。家族グループの作成は、Google Play ストアの「アカウント」セクション、または Google Play ミュージックのファミリープラン購入時に行えます。メンバーの追加や削除、共有するコンテンツの選択は「アカウント」セクションに追加された「ファミリーライブラリー」で行えます。Source : Google

■関連記事
Nextbit、「Robin」の新色“Ember”(レッド x ブラック)を発売
Google、Androidセキュリティの向上のために実施しているカーネル保護の内容を紹介
Huaweiの「EMUI 5.0」はAndroid 7.0 Nougatベースだと判明。Huawei P9用のテスト版が公開される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。