ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S8のコードネームは「Project Dream」? VRへの対応を強化しているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

発表は半年以上も先と見られる「Galaxy S」の次世代モデル「Galaxy S8」の噂が浮上してきました。今回の噂は中国の WEB サイト My Drivers が伝えたことで、信憑性のほどは定かではありませんが、同サイトによると、Galaxy S8 のコードネームは「Project Dream」で、バーチャルリアリティへの対応を強化しているそうです。「Project Dream」と聞くと真っ先に思い浮かぶのは頭文字 D ですね(D は Dream の頭文字という説が有力なので)。これは余談ですが・・・。同サイトはあくまでも予測として、Galaxy S8 は 4K パネルやデュアルカメラ、6GB RAM、10nm へとプロセスを微細化した Exynos プロセッサを搭載しているとも伝えています。Galaxy S8 は歴代の Galaxy S の発表時期を考慮すると 2 ~ 3 月に発表されると予想されますが、Galaxy Note 7 が例年よりも 1 ヶ月前倒しで発表されるので、もしかすると Galaxy S8 の発表も前倒しになる可能性があります。Source : My Drivers

■関連記事
10nmプロセスの「MediaTek Helio X30」は来年出荷か?
Xiaomi、約300円の「Mi Pen」を発表
GoogleマップのAndroidアプリでジャンル検索が容易に、キーワードのショートカットが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP