体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゲーム好きにうれしいスペック・機能が充実の『Galaxy S7 edge』は『ポケモンGO』に最適なスマホなのかもしれない[PR]

ゲーム好きにうれしいスペック・機能が充実の『Galaxy S7 edge』は『ポケモンGO』に最適なスマホなのかもしれない[PR]

5月にドコモ、auから発売された『Galaxy』の最新スマホ『Galaxy S7 edge』のレビューをお届けします。

galaxys7edge2b galaxys7edge3 galaxys7edge4b

前モデルを踏襲するデュアルエッジスクリーン、5.5インチの大画面ながら幅72.6mmと持ちやすい本体、防水・防じん機能、一眼レフの技術を応用したカメラ、2.2GHz+1.6GHzクアッドコアCPU、4GBのRAMと32GBの内蔵メモリー、そして3600mAhバッテリー搭載と充実したスペックのスマホですが、この大容量バッテリーはもちろんのこと、購入者へのアンケートでは、意外な新機能が評判になっているのだとか。

その機能は“ゲームランチャー”。インストールしたゲームアプリを自動で格納し、まとめて管理できる機能です。ゲームの起動中にもリアルタイムで様々な設定ができる“ゲームツール”という機能も搭載しています。

折しも世の中は空前の『ポケモンGO』ブーム。GPSをフル活用するため電池消費の激しさに悩んでいる人には、『Galaxy S7 edge』の大容量バッテリーと“ゲームランチャー”が、快適なポケモントレーナー生活を実現してくれるかもしれません。この記事では最新スマホ『Galaxy S7 edge』の、ポケモントレーナーだけでなくゲーマーにうれしい各種機能をレビューしていきます。

大容量バッテリーをさらに長持ちさせる“ゲームランチャー”のバッテリー節約機能

galaxys7edge5

“ゲームランチャー”はインストールされたアプリの一覧にはなく、『Google Play』からゲームアプリをインストールして初めて利用可能になります。説明画面が表示されるので、スイッチを「ON」にすれば利用開始。

galaxys7edge6

ホーム画面に追加されるショートカットから起動すると、インストールされたゲームアプリのアイコンが一覧されます。「スマホゲームを遊ぼう」と思ったらまず“ゲームランチャー”を起動すれば、そこからゲームを起動することができるのです。

galaxys7edge7

ここで注目したいのが「ゲーム中にバッテリーを節約」というメニュー。そもそもドコモ・au史上最大(※)という3600mAhのバッテリーを搭載しているため、長時間のゲームプレイが可能ですが、ゲームプレイ中の画面の解像度とフレームレートを低く設定することにより、さらにバッテリーの消費が抑えられるようになります。デフォルトでは解像度が標準画質、フレームレート60FPSの「OFF」、ここから、低画質&30FPSの「省電力化」、最低画質&30FPSの「最大省電力化」の設定に変更可能。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。