体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コレカラ Vol.2】現代に甦った”少女隊”!メンバー・西野早耶にインタビュー

“これから”注目すべきアイドルに話を伺い、これまでのことを振り返りつつ、今後の活動についてお話を伺うインタビュー企画【コレカラ】。

第2弾は、かつて一世を風靡したアイドルグループ『少女隊』の名を引き継いだ、2代目少女隊のメンバー・西野早耶さんにインタビューを敢行。少女隊という大きな名を授かり活動していること、今後の目標などを伺った。さらに、ご本人からのメッセージ動画も。

 
――本日はよろしくお願いします。
西野さん:よろしくお願いします!

――まず、西野さんが所属されている少女隊がどのようなグループなのか教えてください。
西野さん:はい! 少女隊は、1980年代に活躍された『少女隊』さんをリメイクさせていただいて、『2代目少女隊』として活動させていただいています。

――『少女隊』という大きな名前をいただいたときのお気持ちはいかがでしたか?
西野さん:最初はすごいプレッシャーで。大きなステージで活躍されていたり、テレビとかメディアにもたくさん出られてご活躍されてる方だったのでプレッシャーがあったんですけど、追いつけ追い越せを目標に「がんばろう!」っていう気持ちでがんばってます!

――現在はライブ活動が主だと思いますが、印象に残っているライブはありますか?
西野さん:「これ!」っていう感じじゃないんですけど、3rdシングルのときに16日連続リリイベっていうのをやらせていただいて。

――16日連続!?
西野さん:最初に渋谷でそのあと名古屋に行って次は横浜っていう感じの往復もあって、ハードスケジュールだったんですけど、毎日いろんなところに行かせていただいて、充実して楽しかったです。

――その3rdシングルって、初代『少女隊』のカバーなんですよね。
西野さん:そうなんです!

――カバーしてみてどうでしたか?
西野さん:はじめて少女隊さんの曲をリリースさせていただいたんですけど、そのままカバーじゃなくて2代目少女隊版にアレンジしていただいたものなので、私たちらしさも出てるし、少女隊さんから受け継いだものもあるので、すごくお気に入りの曲です。

――ジャケットも初代の方々のものを意識されたものになっていますよね。撮影はいかがでしたか?
西野さん:自然がいっぱいなところで撮影したので、撮影の合間に川で遊んだりしてました(笑)

――なるほど(笑) では次に、西野さんご自身について伺いたいのですが、アイドルになろうと思ったきっかけはなんでしたか?
西野さん:元々アイドルが大好きで、AKB48さんがテレビで歌って踊っているのを見て、可愛くてキラキラしてて自分もそういう風になりたいなって思って。

――AKB48さんがきっかけというと、少女隊も秋元康さんが関わられていましたよね。
西野さん:そうなんですよ! 3rdシングルの『素直になってダーリン』も秋元さんが作詞をされているので、すごく嬉しいです!

――Twitterを拝見すると、『ラブライブ!』も大好きのようですね。
西野さん:大好きなんです(笑) 『ラブライブ!』もアイドルのお話なので、がんばっている姿とかに心打たれて……。

――自分と重ねるところもあったり?
西野さん:そうです! 自分と重ねちゃったりする部分もあるし、なによりすごく可愛いですし!

――ちなみに誰推しですか?
西野さん:小鳥ちゃんです!

――おー、チュンチュン言ってる子ですね。ちなみに、元々アニメはお好きだったんですか?
西野さん:それが全然で。どちらかと言えば漫画の方が見るんですけど、たまたま友だちが『ラブライブ!』のPVを薦めてくれて、それを見て「めっちゃ可愛い! なんだこの人たちは!?」ってなって。そこからアニメを見始めて、声優さんも調べて、どっぷり浸かっちゃいました(笑)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy