ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界遺産】黄金に輝く絶景の町、インドのジャイサルメールが美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

黄金の町・ジャイサルメール

インドのラジャスターン州の砂漠に浮かぶ蜃気楼のような町、ジャイサルメール。世界遺産にも登録されている町のシンボルの城砦をはじめ、砂岩でできた歴史的建造物の数々が夕日に照らされて輝いて見えることから「ゴールデンシティ」の愛称をもっています。

■あわせて読みたい
【インド】色にちなんだ異名をもつ、3つの町絶景
目の覚めるようなブルーが美しい!インドにもあった青の町「ジョドプール」
女子に人気!ピンク色の町が絶景、インドのジャイプールってどんな場所?
彫像で埋め尽くされた約40mの塔門が有名!南インドのヒンドゥー寺院を見学

他のどの町にも似ていない、中世の城下町そのままの趣をとどめた姿が訪れる人々を魅了します。

ラージプート族の統治者、ラワル・ジャイサルによって1156年に岩山に築かれた城塞都市がジャイサルメールのはじまりです。現在は辺境の小さな町ですが、かつてはインドと中央アジアを結ぶ交易の中継地点として栄えたことから、町には莫大な富がもたらされました。

富裕層たちは競うようにして「ハヴェーリー」と呼ばれる豪華な邸宅を建てました。現在もその栄華の名残を見ることができ、エレガントなスタイルと緻密な装飾は圧巻です。

いまなお生き続ける城砦都市

この町を特徴付けているのが、旧市街の人口の4分の1が今も城砦内で暮らしているということ。城砦をもつ町は世界に数あれど、ジャイサルメールはいまだ現役の生きた城塞都市なのです。城砦内には博物館があり、テラスからジャイサルメールの町を見渡すことができます。

城砦内には他にも、緻密な彫刻に息を飲むジャイナ教寺院やヒンドゥー教寺院のほか、ホテルやレストラン、ショップなどがあり、一つの町として機能しています。

観光地であると同時に、地元の人々の生活の場でもある旧市街。寺院を訪ねれば真摯に祈りをささげる住民たちの姿がそこにあります。観光と日常との融合が、訪れる人の心をつかむジャイサルメールの魅力の一つなのです。

町の人々はとてもフレンドリーで、外を歩くとたくさんの人に挨拶されます。インドにしては驚くほど強引な客引きや物売りなども少なく、リラックスして町歩きができます。

目先の利益よりも人情やコミュニケーションを大切にする砂漠の村出身の人々も多く、行く先々でチャイのおもてなしが待っています。

■あわせて読みたい
「黄色いワイン」で有名な、丘陵と川に囲まれた美しい城塞都市ブザンソン

http://tabizine.jp/2016/03/05/56910/

砂漠を体感

ジャイサルメールに来たらぜひ体験したいのがキャメルサファリ。ラクダの背中に乗って砂漠を訪ねるツアーで、砂漠で食事をし、砂漠で寝るという非日常体験ができます。

道中、ラクダの背中から砂漠の村の生活風景や家畜の姿を目にすることができます。

本日の寝床は砂漠。見渡す限り一面砂の世界です。

日本で現代的な生活を送っていると、人工的な明かりのない風景を見ることはほとんどありません。でもここは砂漠のど真ん中、満点の星空です。「星の光がこんなにも明るいなんて・・・」と感激することでしょう。

大いなる自然のもとで、ただ自分がそこに存在する感覚が味わえますよ。日本では決してできない体験をしてみませんか?

※2016年7月現在、インドは地域により外務省から渡航注意が出ております。渡航検討の際は、必ずご確認ください。

■あわせて読みたい
【インド】色にちなんだ異名をもつ、3つの町絶景
目の覚めるようなブルーが美しい!インドにもあった青の町「ジョドプール」
女子に人気!ピンク色の町が絶景、インドのジャイプールってどんな場所?
【インド】長期滞在者が教える!幻想的な霧の町「ダージリン」の魅力

[シゲタトラベル]
[All photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP