体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【コレカラ Vol.1】鈴音ひとみ 唯一無二の「シンガーソングライターアイドル」としての道のり

“これから”注目すべきアイドルに話を伺い、これまでのことを振り返りつつ、今後の活動についてお話を伺うインタビュー企画【コレカラ】。

その記念すべき第1弾は、千葉と東京を中心に活動するシンガーソングライターアイドル・鈴音ひとみさん。精力的にライブ活動を行いつつも、イメージDVDをリリースするなどグラビアアイドルとしても活躍している鈴音さん。そんな彼女にインタビューを敢行。さらに、記事を読まれている方へのメッセージ動画も。

――本日はよろしくお願いします。

鈴音さん:よろしくお願いします。

――まず、鈴音さんは「シンガーソングライターアイドル」という肩書きで活動されていますが、これを名乗り始めたきっかけを教えてください。

鈴音さん:自分で曲のメロディを作るようになって、自分で作って歌ってるけど意外とみんな知らなくて。「あっ、ひとにゃんが書いてるんだ」って感じで知らなかったりするから、自分の肩書きにして分かりやすくしようと。

――なるほど。詩と楽曲のイメージはどのようなときに思いつきますか?

鈴音さん:電車に乗ってるときとか、外にいるときが多いですね。あまり、部屋の中に籠ってるときは思い浮かばないですね。外に出て、ぼーっとしてるときとかに、「ハッ!」ってふと湧いてくるんです。よく言われる「降りてくる」って感じです。

――作詞と作曲、どっちの方が思いつきやすいですか?

鈴音さん:同時ですね。

――同時ということは、歌詞もメロディも付いてきた状態で降りてくると。

鈴音さん:そうです、同時です。歌詞が浮かんで、それに音が付いてくるっていう。

――それではもっと遡って、そもそもこのような活動を始められたきっかけを教えてください。

鈴音さん:昔は歌がすごく下手だと思ってたんで、最初は自分の歌を聞いてもらうということ自体に怖い気持ちがあったんです。

――それからどのように?

鈴音さん:元々ストリートで歌い始めて、千葉の柏駅とか横浜の川崎駅前で歌い始めていて。そうしたら人が集まるようになって、少しずつ楽しくなってきたんです。自分の歌を聞いてくれる人がいる、自分の歌を聞いて楽しいって言ってくれる人がいるんだっていうのに気づいて、歌が上手くなるようにって練習し始めたんです。

――なるほど。

鈴音さん:最初はバラード曲が多かったんです。だけどちょうどAKB48などのアイドルブームが来て、アイドルっていうジャンルがとても好きだったんです。元気貰えるし、可愛い女の子を見るのも大好きだったんで。それで、人を元気にしたり笑顔にしたいってことが自分の気持ちと合致してたので、アイドルと名乗ってしまおうってなったんです。

――アイドルというジャンルが好きだったということは、昔からアイドルをよくご覧になられていたんですか?

鈴音さん:ハロプロさんは見てましたね。松浦亜弥さんが大好きで、モノマネとかしてました(笑) そのあと、AKB48の大島優子ちゃんが好きになって。歌ってるに魅入っちゃって。

――それでは、憧れのアイドルは松浦亜弥さん?

鈴音さん:そうですね。ソロアイドルが好きだったんです。一人で輝きを放てる人が好きだったので。

――なるほど。そんな鈴音さんも、2016年の上半期はいろんなことがありましたが……。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy