ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidスマホをノートパソコン化する「Superbook」は約1万円!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真撮影やネット検索、メール・メッセージの送受信と、スマホはオールマイティ的存在だ。だが、レポートやグラフの作成などスマホよりPCでやった方が素早くできる作業はある。

そんな作業時に活躍しそうなのが、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場したばかりの「Superbook」。ディスプレイなどを備えた、見た目ラップトップPCのデバイスで、連携させることでAndroid携帯内のアプリを操作できるというものだ。

・作業効率アップ間違いなし!

早い話、Superbook はAndroidスマホの“中身”を取り出して操作できるようにするツール。

使うには専用アプリ「Andromium」をダウンロードしたAndroidスマホをケーブルでつなぐだけ。すると、Android携帯内のアプリをSuperbookに表示させることができるようになる。

Superbookは11.6インチのHDディスプレイのほか、キーボードやトラックパッドを搭載。当然のことながら、それらを使えばAndroid端末の小さなスクリーンとキーボードで操作するよりサクサク作業ができる。

・マルチタスクも

また、Superbookはマルチタスクにも対応する。スマホ端末ではできない、インターネットをブラウズしながら映画を観る、なんてことも可能だ。

Superbookは8時間駆動するので、旅行や外出にノートパソコンの代わりに持って行くというのもありだろう。

・資金調達の目標額を1日で達成!

リーズナブル価格で提供される、との話題が先行したSuperbookだが、今月21日にKickstarter に登場した途端、目標額5万ドル(約525万ドル)をあっさり達成。最安値パッケージはすでに売り切れ、今なら99ドル(約1万500円)〜の出資で入手できる。

世界中どこにでも発送してくれるので、気になるAndroid携帯ユーザーは要チェックだ。出資期限は8月20日。

Superbook/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2510908/video-687977-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP