ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べて飲んで楽しめる大人のリゾート列車がデビュー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEの月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。7月19日(火)のオンエアでは、7月16日に小田原〜伊豆急下田駅間で運行を開始したばかりのリゾート列車「伊豆クレイル」を紹介しました!

コンセプトは「食べて、飲んで、おしゃべりして過ごす。大人のリゾート列車」。伊豆の食材をふんだんに使った食事や、窓の外から見える伊豆の雄大な景色を楽しめるリゾート列車です。

車両は細部にわたって伊豆ゆかりのモノがモチーフになっています。外装は「さざ波」「海風」「大島桜」をピングゴールドで表現。車内の天井には「朝日に照らされた竹林」のシルエットが浮かび上がり、床には「川を流れる桜の花びら」をイメージしたカーペットが敷かれ、伊豆の豊かな自然を感じる心地よい空間が演出されています。

さらに注目なのが、雄大な海の景色とともにいただく食事! 目黒にある人気フレンチレストラン「morceau(モルソー)」の秋元さくらオーナーシェフのプロデュースによる食事がいただけ、上り(伊豆急下田から熱海・小田原に向かう列車)のメニューには、伊豆の抹茶をふんだんに使用したシュークリームをはじめとしてティータイムにピッタリなスイーツも用意されています。岡田も「おいしそう!」と胸をときめかせていました。

「伊豆クレイル」は4両編成です。1号車と3号車の座席は、食事や飲み物がセットになった旅行商品として販売されており、1号車は海側に面したカウンター席と山側に面した対面式の席。3号車はグループ旅行を楽しく盛り上げるコンパートメント席で、入り口には暖簾がかけられ、プライベート感のある空間で伊豆の海の幸・山の幸を満喫することができます。

4号車は切符で乗車することができます。食事はついていませんが、2号車にラウンジとバーカウンターがあるので、そこでボサノバの生演奏を聴きながら、お酒やおつまみなどを味わうことができます。

「伊豆クレイル」の運転日は土曜・日曜・祝日。食事つきの旅行商品は現在9月分まで受け付けており、10月以降の予約は決まり次第公式サイトで発表されるそうです。夏休みシーズンは既に満席の日も多いということですが、夏の予定を検討中の方は利用してみてはいかがでしょうか♪

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP