体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

録画したハイビジョン映像を持ち出そう。アイ・オー・データ、iVDRに対応したハイビジョンメディアプレーヤー『iV Player』を発売


 
アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)は、iVDRに対応したハイビジョンメディアプレーヤー『iV Player(アイヴィ プレーヤー):iV-P100』をアイ・オー・データ直販サイト「ioPLAZA(http://www.ioplaza.jp/)」から 5月25日より先行予約を受け付け、6月中旬に発売します。なお、先行予約特典として初回限定100台についてはUSB接続iVDRリーダー・ライター『USB2-iVDR』がセットになります。

iVDRとはInformation Versatile Disk for Removable usageの略です。リムーバブルハードディスクの規格の1つで、録画したコンテンツを外に持ち出し、録画した機器以外の機器で再生することができます。デジタル放送録画には著作権保護技術の策定が行われ、デジタル放送録画機において対応が必須となる著作権保護対応のメディアを『iVDR-S(iVDR-Secure)』と呼びます。

iVポケット搭載の日立のデジタルハイビジョンテレビ『Wooo』などは、地上デジタル/BSデジタル/110度CS等のハイビジョン番組を『iVDR-S』に録画することが可能です。本製品に『iVDR-S』を挿入すれば、他の居室にある他社製のテレビでも録画したハイビジョン番組を再生し、楽しむことができます。

インターフェイスについては、ハイビジョン再生可能な映像出力端子HDMIをはじめ、D端子(D1-D4)、コンポジットビデオなど多彩な端子を搭載しており、あらゆるテレビとつないで録画番組を楽しめます。PC接続端子USBポートを装備しているのでiVDRリーダー・ライターとして利用することができ、また、LANポートも装備しているためネットワークメディアプレーヤーとしても利用できるマルチなプレーヤーです。なお、『iVDR-S』に録画した地デジ番組は、PCで視聴することはできません。

サイズは薄さ26mmでA5サイズのコンパクトボディのためカバンにも無理なく収まり、iVDRメディアだけでなくプレーヤー本体も一緒に手軽に持ち運べ、録画場所に縛られる事がありません。また縦置きも可能なため設置面積も小さく、スペースが限られがちのテレビ周りでもスッキリ設置が行えます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会