ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酔っぱらった勢いでブッキングした—Yuki Tsuji、ケンゴマツモト、竹山隆大の3名によるイベント開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


7/22(金)に原宿にあるアートスペース・VACANTにてYuki Tsuji(Bo Ningen)、ケンゴマツモト(THE NOVEMBERS)、竹山隆大(Klan Aileen)の3名によるイベント『指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け』を開催する。

ーー黄金町で三人であった時から予感があった。酒を飲むという事に関しては最低の部類に入る三人が酒を飲んだ勢いで集まって何かをしようという事になり酔っぱらった勢いでたまたま近くにいた友達に絡んだらVACANTでやりゃあ良いじゃんという事になり酔っぱらった勢いでブッキングした。俺たちは最低の酒飲みだからイベントタイトルは当然のようにブコウスキーから拝借した。現在このイベントで何をするかは決定していない。夏だ。恐らくそこで音楽が演奏されるだろう。相当量のウィスキーやレモンサワーが消費されるだろう。千鳥足で帰宅するだろう。それは想像出来る。是非足を運んで欲しい。
ケンゴマツモト

 

〈イベント詳細〉
「指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け」
2016.7.22(金)
OPEN 19:30 / START 20:00
会場:VACANT 渋谷区神宮前3-20-13
料金:adv.¥1,800 + 1DRINK

Artists:

Yuki Tsuji(Bo Dingen)


ケンゴマツモト(THE NOVEMBERS)


竹山隆大(Klan Aileen)

Lighting : 佐藤円
Production:NEWSEE

〈RESERVE〉
info@newsee.coに「指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っぱらったピアノを弾け予約希望」とご記入頂き、
「お名前/人数/ご連絡先」を記入の上、ご送信ください。
WEBサイト:http://newsee.co/event/854

[プロフィール]
・Bo Ningen
ロンドンを拠点に活動する日本人男性4 人組サイケデリックロックバンド。ロンドンのアートカレッジで出会い、結成。UKベースに活動しているにもかかわらず全曲日本語で構成された歌詞と、70 年代サイケデリックを体現したような風貌、ヘビーサイケ、スペースロック、ノーウェイブ、クラウトロック、ベースミュージックの要素が混然一体となって押し寄せるグルーヴで人気を確立。これまでに3枚のフル・アルバムをリリースし、グラストンベリー、レディング、コーチェラ、フジロック、サマーソニックなど、世界各地の大型ロックフェスティヴァルにも出演を果たすなど、インターナショナルなロックバンドとして高く評価されている。2016年3/4月には新作をリリースしたプライマル・スクリームのUKツアーのサポートアクトを務め、その評価と人気は今も拡大を続けている。
http://boningen.info/

 

・THE NOVEMBERS
2005年結成のオルタナティブロックバンド。2007年にUK PROJECTより1st EP「THE NOVEMBERS」でデビュー。2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げ、 2014年には「FUJI ROCK FESTIVAL」 のRED MARQUEEに出演。海外ミュージシャンとの共演も増え、TELEVISION,NO AGE,BO NINGEN,Wild Nothing,Thee Oh Sees,Dot Hacker,ASTROBRIGHT等とも共演。小林祐介(Vo/Gt)はソロプロジェクト「Pale im Pelz」や 、CHARA,yukihiro(L‘Arc~en~Ciel),Die(DIR EN GREY)のサポート、浅井健一と有松益男(Back Drop Bomb)とのROMEO`s bloodでも活動。ケンゴマツモト(Gt)は、園子温のポエトリーリーディングセッションや映画「ラブ&ピース」にも出演。高松浩史(Ba)はLillies and Remainsのサポート、吉木諒祐(Dr)はYEN TOWN BANDやトクマルシューゴ率いるGellersのサポートなども行う。2015年4月に新木場スタジオコーストでのワンマンの模様を収めた初の映像作品「”TOUR Romancé” LIVE AT STUDIO COAST」をリリース。
http://the-novembers.com/

 

・Klan Aileen
2012年”Astroride”をリリース。限られたライヴにも関わらず、それを目にした数少ないオーディエンスの衝撃とその音源で大きな話題となったKlan Aileen。2014年からドラム/ギターの2人編成で再始動後。フロア・ライヴなどより生々しいライヴ・パフォーマンスを志向。音源で聴かせる高い完成度に加え、新たに”Raw”なライヴ・パフォーマンス・アクトとしての評価を獲得。今作”Dazzlingly Rooms”は今のKlan Aileenを捉えた、まさに記録であり音源作品となっている。
http://klanaileenband.com/

 

・NEWSEE
主にVACANTでイベントの企画を行う。他に、ウェディングのコーディネートも手掛ける。さまざまに重なりあう流れの調和を空間へ結びつけることを基に構成する。また人と水のリズムを意識したアートワークを制作している。これまでに「SWIMMING POOL」「Fog.」「AVALON」などを企画。
http://newsee.co

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP