ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Z Force、DxOMark Mobileのカメラベンチマークで3位にランクインする高スコアを記録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola の 2016 年フラッグシップスマートフォン「Moto Z Force」が DxOMark Mobile のカメラベンチマークで現状で 3 位にランクインする高スコアを出しました。Moto Z Force は背面に 2,100 万画素カメラ(1.12μm 画素、F/1.8 レンズ、光学手ブレ補正やレーザー AF 対応)、前面に 500 万画素カメラ(F/2.2 レンズ、LED フラッシュ付き)を搭載しており、イメージセンサーのグレードは前作とほぼ変わらずといったところなのですが、レンズは明るくなり、レーザー AF に対応したなど、他の部分の強化が目立ちます。DxO Mobile のトータルスコアは 87 点と、上位の HTC 10 や Galaxy S7 edge との差はわずか 1 点。静止画 / 動画のスコアはそれぞれ 87 点 / 86 点とバランスが撮れています。DxOMark Mobile のレビューサイトにはサンプル写真がいくつか掲載されており、そレを見る限り、画像の色味が自然なものに近い印象でした。静止画に強いと言えます。ちなみに、Moto Z Force の下位モデルとなる Moto Z のトータルスコアは 84 点と大きな差がありました。Source : DxOMark Mobile

■関連記事
Xperia Xシリーズでロック画面の時計デザインを変更する方法
Android版「ハングアウト」のv11でSMSとチャットメッセージの統合オプションが廃止に
Redmi Note 4はデュアルカメラを搭載か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP