体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

先入観を試す人形ホラー『ザ・ボーイ 人形少年の館』のブラームスがやってきた! 「お前も僕の子守にしてやろうか」[ホラー通信]

top

人形ホラーと聞いて思い浮かぶのは、『チャイルド・プレイ』に『アナベル 死霊館の人形』……。しかし今年、“あなたの先入観が試されるジャンルスイッチムービー”として、必ずや観る者の予想を覆す人形ホラー『ザ・ボーイ 人形少年の館』が日本に上陸する。男の子の人形を“人間の息子”として扱う老夫婦に子守を任された主人公が、想像だにしない恐怖を味わうという物語だ。ホラー通信でも紹介するたびに「絶対に観たい!」という声が相次ぐ話題作である。

それはさておき、いつも平和なホラー通信編集部にお客さんがやってきた。なにやら大荷物の怪しい男女である。腕に抱えているのはお子さん……? かと思いきや、人形だ

hello please

二人の男女はホラー通信記者に人形をあずけて出て行ってしまった。しかも人形なのに「子守をお願いします」と言うのだから不思議な人たちだ。そこではたと気付いた。この人形は、『ザ・ボーイ 人形少年の館』の撮影に使われた本物のブラームスではないか!

poster

つやりとした白い肌、意思を感じる瞳、可愛らしい小さな鼻と口。撮影には材質を変えて作られたブラームスが4体使われたというが、この子はお顔がシリコンでできているものだ。さわりたくなるほっぺをしている。

子守のついでにブラームスにインタビュー

up_sofa

せっかくなので彼に色々と話を聞くことにした。映画に登場するブラームスは一切しゃべることはないが、今回はまあ大人の事情であろう。ありがたいことに、めっちゃしゃべる。

記者:ずいぶん遅くに編集部に来たけど、今日一日なにしてたの?

ブラームス:僕、初めて日本に来たんです。なので外国人が日本へ来ると必ず足を運ぶという渋谷のスクランブル交差点を見に行ってきました。そのあとも両親に抱かれて東京の観光地を色々歩いていたんですが、同じく観光していた英語圏の方が僕を見て「Oh my god!!」と叫んでいましたね。

記者:そら叫ぶわな。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

記者:映画観たんだけど、君は若くて美人な女性が好きってほんと?

ブラームス:まあ、こだわりがありますね。今まで何人も子守として雇ったんですが、色々あって(小声)いなくなりました。今回のグレタはこれまでよりとびきり可愛くて若いから、すごく気に入ってるんです。でも彼女も、僕の面倒を見るときの“10の約束”を守ってくれなくて……。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。