ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮りでは美人なのに普段は般若顔!? “画像美人”から抜け出す3ステップ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

カメラアプリやメイクアプリを使って、自分の思い通りに「盛れる」ことができるようになった昨今、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどに加工した自撮り写真を載せている女性もたくさんいますよね。

しかし、その自撮り写真だけが美しく写っていて、普段の自分がイマイチだと、かえって会う人に違和感をもたせてしまうかも…。

 

■自分の顔が「般若」に見えた!?

 

『日本人の肌はなぜ世界一美しいのか?』(主婦の友社刊)の著者である渡辺奈津さんは、自撮りをする場合、どうしても自分がよく見えるように顔の表情をつくってしまうため、本当の素顔にならないと指摘します。

渡辺さん自身、参加したある研究会のビデオ映像に映った自分が「般若」の形相に見えたそうで、「自分では気づかないうちにこんなに恐ろしい表情を大勢の前でさらしていたんだ」とショックを受けたそう。

自分でそう感じたということは、おそらく周囲からも同じことを思われているはず。では、画像はいいのに素顔はイマイチな「画像美人」から抜け出して、本当の美人になるにはどうすればいいのでしょうか。

 

■いつでも美人でいるための3つのステップ

 

(1)動画を撮ってもらって自分の顔を把握する

まずは自分の普段の表情を把握する必要があります。その手段で最も効果的なのが「動画を撮ってもらう」こと。しかも、あらかじめ「撮るよ!」と決めてカメラをまわすのではなく、不意打ちで撮ってもらうのです。

思い描く自分とのギャップにまず気づくことが大切だと渡辺さん。特にアラフォー以降になると、眉間や目の下、ほおに、たるみやしわ、クマ、影が出てきて、普通にしていても顔が怖くなりがちです。

まずは自分がどのような表情をしているのか把握すること。脱「画像美人」はそこから始まります。

 

(2)常に笑顔を見せられる対象を近くに置く

自分がもし怖い顔をしていたならば、「笑顔」になりましょう。渡辺さんは、愛する家族や恋人、ペットなど自分が自然に笑顔を見せられる対象を、目に入るところにおいておくことをすすめています。

表情を豊かにする「顔トレ」もありますが、無理にトレーニングするよりは、自然な笑顔で自分の表情をつくるほうが大事。それを続けることで、自分の標準顔が自然な笑顔になるのです。

 

(3)肌から自分の体調を聞こう

肌がきれいなのは美人の条件。画像上ではメイクアプリを使って肌荒れを隠せても、現実の肌を隠すには限界があります。

渡辺さんは「肌トラブルは肌からのクレーム」だといい、肌に何か異変があったら自分の身体や生活と向き合うことをすすめています。例えば汗をかきにくくなったら、エアコンの中にいるため体温調節するセンサーが鈍っている可能性がありますし、肌荒れが目立ってきたら日々のストレスを疑ってみるのもいいでしょう。

「今日はうるおいがちょっと足りないから補おうね」「今朝はピンと張りがあるから、何もしなくてもOKだね!」と手で肌にふれて、感触を確かめてみてください。

 

■ただし、少しなりとも肌に刺激は必要

 

きれいな肌をつくり出すために、日々のケアは必要なこと。とはいえ、渡辺さんは、ノンストレスよりも、適度なストレスを受けていた方が美肌力が磨かれていくと考えています。そもそも人はストレスゼロの状態では生きていけませんし、ずっと引きこもっているからといって美肌になるわけではありません。

『日本人の肌はなぜ世界一美しいのか?』では、30年間で60000人の皮フを診てきた渡辺奈津さんが、肌の色から体調や体質を知る方法から肌のケアまで、肌にまつわるさまざまなことを教えてくれる一冊。

これからの季節、外に遊びに行って自撮りをする機会があるはず。そのときのために普段から美人でいられるように3ステップを実践してみてはいかがでしょうか

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

服選びに8時間! 絶対に手を抜かないスタイリストがすごい

虫歯がない人ほど危ない!歯周病になりやすい人の特徴

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP