ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

引越し前に知っておきたい不動産のアレコレ 

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

誰もが引越しを考えたことがあるはず。
しかし、一回の引越しにかかる費用を知らない方も多いようです。
ある大手不動産会社勤務の方に聞いた所、家賃と敷金だけで物件に住めると考えての来店も少なくないとか。

そこで、例えば賃料5万円、共益費5000円、敷金2か月の物件に引っ越そうと思った場合、どのくらいのお金がかかるのか、ご紹介します。

まずは最初の月、前家賃分が共益費込みで5万5000円になります。
次に、敷金2か月分、10万円
保険費用が1万5000円~2万5000円、ここでは物件の賃料から1万5000円で計算します。
保証会社利用料が総賃料の40%~100%。ここでは、都市圏で一番利用の多い50%、2万7500円で計算します。
そして仲介手数料が、大手不動産会社がうたう52.5%で計算、これが2万6250円

これで合計額おおよそ22万3750円といったところでしょうか。

月の半ばからの引越しだと、さらに日割り賃料(総賃料/30 or 31)×日数分がかかるので注意してください。
案外見落としてしまうのが、保険と保証会社利用費ですね。
また、他にも鍵交換や消毒、ケーブルテレビ利用料、固定の水道費の支払いを義務化しているところもあります。
ただし、消毒は断ればなしでの入居も可能なケースが多いです。

都心部では、保証人がいても保証会社は必須という物件が大半なので、予想外の請求に戸惑う方もいるかもしれません。
どちらにせよ、引越しは決して安い買い物ではないので、十分注意したいものです。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「へやくま」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
元フリーランスのシナリオライター、今は不動産会社勤務のサラリーマン。
お部屋の紹介とかやっています。

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。