体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

地震から命を守る! 25万円で買える「耐震シェルター」とは?

地震から命を守る! 耐震シェルターってどんなものがある?

地震大国といわれる日本。南海トラフ地震などの大地震も不安視されるなか、どの地域でも備えは万全にするに越したことはありません。そうした備えのひとつで、自宅で被災した際に役立つとされるのが「耐震シェルター」です。どのような製品があるのか、メーカーに取材しました。

置き型シェルターが緊急時の避難場所に

30年にわたり防災用品の研究開発を行っているエヌ・アイ・ピーでは、身体をガードしてくれるベッド型やテーブル型など、置き型タイプの耐震シェルターをメインに販売しています。代表の宇尾野俊明さんは、もともと建築と不動産の会社を経営していたそうですが、住まいに頼らない防災のかたちを模索するなかで、耐震シェルターの開発に行きついたそう。なかでも売れ筋だという2製品を見ていきましょう。【画像1】ベッド型シェルター(税込54万円)。ベッドや布団を中に敷くことができるこちらの製品は、約10トンまでの耐圧性能があるため、就寝時や寝たきりの場合も地震による家屋倒壊から身を守ってくれる。衝撃を吸収するため穴が開いたスチール板を使用。低重心設計のため、巨大地震でもまず倒れることはないとか。特許を取得しており、各自治体で10万円から50万円の補助金の対象商品になっている(写真提供/エヌ・アイ・ピー) 【画像1】ベッド型シェルター(税込54万円)。ベッドや布団を中に敷くことができるこちらの製品は、約10トンまでの耐圧性能があるため、就寝時や寝たきりの場合も地震による家屋倒壊から身を守ってくれる。衝撃を吸収するため穴が開いたスチール板を使用。低重心設計のため、巨大地震でもまず倒れることはないとか。特許を取得しており、各自治体で10万円から50万円の補助金の対象商品になっている(写真提供/エヌ・アイ・ピー)【画像2】テーブル型シェルター(28万800円)。現在までに3000台以上売れている人気の製品。30トンの圧力に耐えられる特殊天板を使用している。また5本脚のため安定性も抜群。ふだんはダイニングテーブルとして利用できる(写真提供/エヌ・アイ・ピー)

【画像2】テーブル型シェルター(28万800円)。現在までに3000台以上売れている人気の製品。30トンの圧力に耐えられる特殊天板を使用している。また5本脚のため安定性も抜群。ふだんはダイニングテーブルとして利用できる(写真提供/エヌ・アイ・ピー)

こうした製品を開発してきた背景について、宇尾野さんは次のように話します。

「耐震工事ができればそれに越したことはないですが、とくに高齢者の方などはいくら家が老朽化していても、いつ起こるか分からない地震に備えて工事をする、という決断までいたらないことも多いと思います。また、賃貸に住んでいる人も、自分が住んでいるアパートやマンションは本当に大丈夫なのかと漠然とした不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。部屋を補強しようにも、大がかりな工事となれば大家さんの許可が必要ですし。そうした煩わしさを感じずに、自分の命を守る。そのためにこの製品を開発しました」(宇尾野さん)

木造建築の場合は耐震改修工事に掛かる費用は100万円から150万円が最も多いといわれています(日本建築防災協会の公表による)。国や地方公共団体の助成制度を利用することもできますが、決して安いとはいえない出費だけに、検討はしても断念する人も多いのかもしれません。

部屋一室をまるごと耐震シェルターに

また、部屋そのものを耐震シェルターに変えてしまう製品もあります。例えば、一条工務店から販売されている「木質耐震シェルター」。1階の4.5 畳以上の部屋に設置ができるもので、床や壁、天井に沿って木質のパネルを組み立てることで、部屋全体をシェルターに変えることができる製品です。本体と施工費あわせて25万円(税別)という価格設定で、費用負担軽減と安全性の両方を確保できます。【画像3】木質耐震シェルター(25万円※税別)。設置にあたっては担当者が必ず下見を行い、補強が必要な場合を除けば2日間で設置することができる。家屋の倒壊実験をはじめ5mのところから落とす、3mの高さから3トンもの瓦を落とすといった実験も含めて構造の強度は実証済み(写真提供/一条工務店)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会