ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「いくら好きでも●●願望が強い女性にはプロポーズできない」現代男性の結婚観とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

将来的に結婚を考えたとき、夫婦間のライフスタイルを左右する問題が仕事。

「結婚したい、だけど仕事も続けたい」そんな女性にとって共働きは結婚に求める“条件”。Facebook連動型の婚活アプリ・マッチアラームが調査したアンケートでも、結婚後も仕事を続けたいと答えた女性は約8割。

女性の自立が当たり前となった現代では、やはり共働きを希望する傾向が強いですね。一方、男性の意見は?というと、96%が共働きに賛成しています。

 

雇用の不安定や給料の減少が悩まれる昨今において、男性にしてみても共働きを望む女性は心強いパートナーになるわけです。しかし、問題なのは専業主婦になりたい女性たち。

 

まだまだ多い専業主婦願望

データでは約8割の女性が共働きを希望している結果でしたが、社会全体でみると実際のところ5割程度だと思うんです。つまり、「専業主婦になりたい女性も多い」ってこと。

あなたの周りにもいません?「結婚したら働かない」「養ってもらって当然」みたいな女性。

これに対して男性は共働きが当然と思っている状況ですから、男女の結婚観に大きなズレが生じてしまいます。

“結婚したら女は家事に専念する”という考えは、すでに昭和で終わっている話。現代の男性がパートナーに求める条件は、共働きを前提とした夫婦生活が理想なんです。

 

今と昔じゃ違う男性の結婚観

今の時代、女性も男性も同じ職場で働き、場合によっては上司が女性というケースも少なくありません。職場恋愛も日常茶飯事。そうした環境で変わりつつある男性の価値観。

一昔前であれば男性優位の社会だったこともあり、結婚すれば女性は家事や子育てに専念するのが男女共通の考え方でしたが、もはや遠い過去の結婚観。主婦のキャリアアップや職業支援などを積極的に取り入れている企業も増えており、共働き自体が珍しいことではなくなっています。

働ける環境があるのに「専業主婦になりたい」と言われても、男性としては必要性を感じられないのです。むしろ、“負担が大きくなる”ことにデメリットを感じる傾向さえあります。

それよりも夫婦対等な立場で共働きし、家事も分担したほうが合理的で現実的な結婚生活を送れると思っているんですね。

 

化石系男子は絶滅寸前

家庭的でない女性や自立した女性を嫌う男性を“化石系”と言ったりしますが、亭主関白で上から目線、男が働き女は家から出ない、そんな化石系男子は今や絶滅寸前。

女が強くなったのか、それとも男が弱くなったのか定かではありませんが、一つ言えることは「俺について来い」ではなく「一緒に頑張ろう」が現代の男性が理想とする結婚観。

一方的に頼られたり責任を負ったりする関係には魅力を感じないわけです。もし彼女との間でそれが垣間見えたときには、プロポーズするのもためらってしまうのが本音。交際中で専業主婦願望が強い女性は要注意。彼との結婚観にズレが生じている可能性がありますよ。もしかしたら、そのまま“別れの原因”になってしまう場合も…。

彼との結婚を真剣に考えているのなら、共働きも選択肢の一つに入れておく必要がありそうです。もしくは、快く専業主婦を受け入れてくれる化石系男子を探すか、のどちらか。

 

専業主婦だけが女性の生き方ではありません。結婚後も仕事や趣味など自立したライフスタイルを大切にする女性が増えています。そうした大人女子に、現代の男性たちは魅力を感じるのかもしれませんね。さて、あなたは時代にマッチした結婚観をもっていますか?

結婚後のライフスタイルを左右する共働きの問題。彼の反応を確かめながらお互いの結婚観をすり合わせることも、恋愛で大切なコミュニケーションの一つと言えるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

彼氏から「俺の好みの下着を着けて」と言われたらどうする?どこで買う?
【調査】女にだらしない…よりも、82%の女性が嫌う男性のだらしない部分とは
男性が結婚したいと思う4つのタイミング。
彼を良い旦那さんに育てたい。結婚前にやっておくべきカップル花婿修行
【調査】元カレから連絡が…期待してもいいの?男たちの本音とは…

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP