体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】創業明治17年!秋葉原で一番美味しい蕎麦を食べてみた @『神田まつや』

matuya-mori017_R

それとなく秋葉原を席巻するガジェット通信の秋葉原制覇ですが、やはり秋葉原と言えば神田、神田と言えば江戸っ子がチャキチャキしている予感です。

まあ、筆者(YELLOW)は生まれも育ちも“ほぼほぼ神奈川県”なので江戸っ子ではないし、横浜すら縁はないのですが、あえて言おう!

「生まれ変わったら江戸っ子になりたい!」

よしんば横浜で“濱っ子”を名乗れるなら、ギリ許容範囲です。

ラーメン?カレー?江戸っ子なら蕎麦でしょ!

matuya-mori006_R

ま、言うほどに蕎麦食いじゃない筆者ですが、ここ最近は暑いのでラーメンもカレーも欲していない感はあります。

というわけで、ほぼ勝手に始めた“蕎麦特集”的なノリで美味しい蕎麦を求めて彷徨っている訳ですが、とりあえず今まで食べた中で一番美味しかった店を紹介したいと思います。

創業明治17年!老舗の『神田まつや』こそ至高!

matuya-mori005_R

ぶっちゃけ秋葉原周辺の取材という事で、江戸前の蕎麦が食べられるぜHEY!みたいな夢を膨らませていた筆者ですが、実際に食べ歩いてみるとブロークンハートな予感です……。

やはり水が美味しい所、蕎麦粉を作っているような田舎だと、ちょいちょい美味しい蕎麦に出会うのですが、思ったほど東京の蕎麦がイケてないような不信感を抱き始めた筆者で御座います。

matuya-mori004_R

まあ、確かに蕎麦打ちの技術の差は微妙にあるかもですが、地方だって蕎麦打ち名人は生まれる可能性はありますし、東京で蕎麦屋をやるメリットは、出汁やカエシに必要な醤油や鰹節などが良い物を選べるくらいしかなさそうです。

しかし、それも今は物流が良くなったので、美味しい醤油や鰹節も地方で手に入るので、さして水も美味しくない東京は逆にハンデがあるくらいです。

よしんばラーメン屋であれば水も濾過水を使ったりして頑張っているのですが、やはり伝統を重んじる蕎麦屋では抵抗があるのかも知れません。

というわけで、美味しい蕎麦を探してみたものの、意外と紹介出来るレベルの店は少ない現実に勝手に始めた蕎麦特集も終了な勢いだったのですが、この『神田まつや』で一発逆転で御座います。

まず老舗の蕎麦屋ではあるものの、お値段の方はそれほど高くはなく、下手に小洒落た蕎麦懐石の店で食べるより100倍は価値があると思われます。

matuya-mori007_R

昔の雰囲気を残しつつも、適度なオールド感と小綺麗さがバランスしていて、いかにも神田で蕎麦を食べている感に浸れます。

蕎麦屋で酒を飲める大人になりたい

matuya-mori009_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。