ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Samocat」が駅や空港にキックスケーター専用貸出ステーションを開設!チョイ乗りにも便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仏パリの「Vélib’」、カナダ・モントリオールの「BIXI」など、都市部を中心として、自転車シェアリングサービスが世界各地に広がってきたが、よりポータブルなモビリティを求めるユーザーをターゲットに、世界初となるキックスケーター専門シェアリングサービスが始動している。

・キックスケーター専用貸出ステーションを開発

キックスケーターとは、地面を蹴って進むハンドル付きの乗物で、ローラースケートやスケートボードよりも扱いやすく、自転車よりも小型かつ軽量で、持ち運びできるのが特徴だ。

ロシア出身の起業家Vasily Bykov氏は、2015年に創設したスタートアップ企業「Samocat」を通じて、2平方メートルのスペースに最大12台の折り畳み型キックスケーターを収容できる自動貸出ステーションを開発。

ロシアの首都モスクワとサンクトペテルブルク、カザンで50カ所の貸出ステーションを設置する予定のほか、独ベルリン、仏パリ、ベルギーの首都ブリュッセルにも進出したい考えだ。

・公園や空港、キャンパスにも需要あり!?

「Samocat」では、自転車よりも行動半径が狭く、徒歩よりは広い、いわば、徒歩と自転車の中間に位置づけられるモビリティとして、キックスケーターに期待を寄せている。

都市部での代替的な交通手段としてはもちろん、公園や空港、大学のキャンパスなどでも、需要が見込めそうだ。

Samocat

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP